G-nius project フックキーパー。ワームもプラグも何でもOKのオススメフックキーパー

私は移動する時にルアーはリールに引っ掛けてラインはロッドにクルクルっと巻いています。

メディアに出ている方を見ていても同じやり方の方が多いですね。

ただワームを付けている時が厄介でフックをワームに埋めているのでリールに引っ掛けられませんでした。

仕方無く竿先にぷらぷらさせるのですが車のなかでちょうど目線に来てうっとうしいんです。

今回はそんな悩みは一発解決のルアーキーパーを紹介したいと思います。

パッケージ

しっかりと説明を読まないとルアーキーパーだと分かりませんよね。

私もルアーキーパーの棚に置いてなかったら絶対に素通りしていたと思います。

取付け方

裏面に取付け方が書いてあります。

リールのネジを利用して取付けるようです。

ただリールのどこにネジがあるのか覚えていませんよね。

私は店のショーケースを覗いて確認しました。

取付けてみた

リールからピョコンと出ている針金。

思ったよりはしっかりしていましたが取付けてみるとぶつけて曲げてしまいそうな不安を感じます。

ロッドに取付けてワームをセットしてみる

リール単体で見た時は曲げてしまいそうだと不安に感じましたが、ロッドに取り付けるととっても収まりが良い!

パーミングしてみても私は全く邪魔になりませんでした。

そして肝心のワームの収まりですが、満足!の一言です。

ちょうどロッドの横にルアーが来てとっても収まりが良いんです。

プラグもこれからはこのルアーキーパーに取付けようかなと思います。

自作できる?

このルアーキーパーアイデアは素晴らしいのですが自作出来るんじゃないかと思いますよね。

正直なところ出来ると思います。

(曲がってダメになったら次は作ると思います…)

まとめ

今までルアーキーパーと言うとロッドに付けるものだと思いこんでいました。

ロッドに付けるルアーキーパーはゴムがずれたりして使用感が良くなかったのですが、このルアーキーパーはとても良いです。

この商品のように今までにない発想のものはいつも素晴らしいと感じてます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です