リグルクローラー(DUO)。ストレートボディに向きの違う偏平ボディが組み合わさったワーム

ストレートワームはシンプルなだけにデザインが難しいと思います。

各メーカー色々と工夫されていますが、部分的に細くしたり太くしたり、偏平にしてみたりが多いですね。

逆に言うとこれ以外の事をするとストレートワームにならないのかもしれません。

DUOから発売されるリグルクローラーというストレートワームがあるのですが今までのワームの良い所を上手い事インスパイアしているワームだと感じました。

今回はそんなリグルクローラーについて見ていきます。

デザイン

出典:DUO

切り替わる偏平ボディ

一番面白いと思ったのが偏平なボディ断面が横→縦→横と切り替わる所。

偏平にする事で折れ曲り易い方向が出来ますがその向きが変わる事で一方向だけでなくどちらの方向にも動きやすくなると思います。

ワームをアクションした時に一方向だけの力が掛かるとは限らないので複雑な動きの演出が出来そうです。

倒れ込むスピードを調整するエアインテーク

テールには空気を含ませる事によってポーズ時の倒れ込むスピードを調整しています。

昔にエアテールワームという同じようにテールに空気を含ませるワームがありましたが、そのワームはテールの浮力が大きすぎて立ちっぱなしでした。

リグルクローラーは高比重の素材を採用しながら適度なスピードの倒れ込みをこのエアインテークによって実現しているようです。

まさにインスパイアですね。

カラー・サイズ

出典:DUO

カラーは全部で12色ラインナップされています。

釣れ筋のカラーが多いですがブラックやチャートも今後ラインナップに加わると嬉しいです。

サイズは4.8インチのみ。

今後サイズ展開があるとは思いますが今回はワンサイズのみとなっています。

琵琶湖では5.5インチより大きなサイズが欲しい所です。

また小バスで遊ぶ時は4インチ以下のサイズも欲しいですね。

アクション

リグルクローラーは常に動き続ける動きです。

フォーリングでもウネウネと落ち、ネコリグのポーズの時もウネウネと倒れ込みます。

O.S.Pのドライブクローラーに近い動きだと思います。

価格

出典:DUO

びっくりなのはこの価格!

20本も入っていて680円です!

さすがDUOといった感じですね。子供には嬉しすぎるルアーなのではないでしょうか。

まとめ

良い物を安く提供しているDUO。

ハードルアーも安めですがリグルクローラーはかなり安く提供されるようです。

安くてもDUOはこだわっているジャパンクオリティが入れられているのが安心ですね。

店頭に商品が並ぶのが楽しみです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です