リューギがスイベル付のトレブルフックを開発中。今すぐ欲しい!

リューギが今までに無かったフックを開発中のようです。

それは4本針のトレブルフック(クワトロフック?)自体にスイベルが付いているフックです。

今から期待MAXです!

ボディにスイベルが内蔵されているルアーが増えている

スイベルを付ける事で魚がフックをネジってフックオフするのを防ぐ事が出来ます。

貴重な一本をキャッチする為に魅力的なシステムですよね。

ただその為にボディにスイベルを内蔵しなくてはならず複雑な構造になる事が避けられません。

ルアーのコストがかかる上にスイベルの交換が容易でない事が多いと思います。

フック自体にスイベルが付いている

出典:YouTube

そこでリューギで開発されているフックです。

フック自体にスイベルが付いていればボディにスイベルを仕込む必要が無くなるばかりか、どのルアーにも付けられる事が大きな魅力です。

交換が簡単に出来る事も大きな魅力ですね。

こんなルアーに付けたい

出典:YouTube

動画でキムケンさんも言われていますが既存のビッグベイト等に付けたいですね。

あとはクローラーベイト等の大型のトップウォーターにも相性が良さそうです。

フック自体の重量が増えるでしょうからフックの重量が増えても動きに支障がでないルアーに付けたいですね。

まとめ

出典:YouTube

リューギは新しい発想のフックの開発が得意ですね。

勢いのあるメーカーなので柔軟にアイデアを商品にしようという雰囲気があるのでしょうね。

これからも新しい魅力的なフックをどんどん開発してくれる事を期待しています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です