意識していつもと違うポイントに投げる事がたまには必要と考える件について

まだ釣りを始めたばかりの頃はどこで良く釣れるという経験が無いのでいろんな所に投げますよね。

障害物やかけ上がりなど関係無しに何も無い所にも投げます。

逆にある程度釣りの経験が長くなると過去に釣れたポイントと似たような所にばかり投げるようになります。

魚が居た経験のある場所に集中的に投げるので魚も良く釣れるようになると思います。

でも釣りの引き出しを増やす為にはいつも投げるポイントと違う所、つまりあまり釣れると感じない場所にも投げるようにすると良いと思うんですよね。

今回はいつも投げるポイントとは違う所に投げる事について考えます。

釣れたポイントに囚われ過ぎると上達しなくなる

ルアーを始めたばかりの頃は釣れない事が当たり前で釣れる事の方が少なかったです。

今思うと魚が付く物が何も無い場所に投げている事の方が多かったので釣れないのも納得だなと思います。

私が良く行っていたポイントは幅の広めの水路だったのですが、岸から扇状に投げていたんですよね。

結果的に釣れるのはほとんどが岸際でした。

そのうち岸際が良い事に気付いて岸を中心に投げるようになると釣れない事の方が少なくなり釣りが上手くなった手応えがありました。

でもその後、岸だけに投げるようになってそれ以上に上手くなったと感じる事が無くなってしまったんですよね。

deeperを使い始めて感覚が変わった

岸にばかり投げていた私ですが持ち運び出来るdeeperを購入して感覚が変わりました。

今まで明確な水深は分からなかったのですがdeeperを使う事で細かい水深の違いが分かるようになって、ほとんど流れていない水路のちょっとしたかけ上がりに魚が付いている事が分かったんです。

それこそ水深1m程度の水路なので20センチ程度のかけ上がりです。ルアーを巻いた感覚では判断出来ないような所ですね。

そしてそのポイントに投げたらちゃんと釣れました。

今まで岸際にしか投げなかったポイントで、かけ上がりを攻めるという選択肢が増えた瞬間でした。

それからは意識して違うポイントに投げるようになった

長年通っていた水路にも気付かなかったポイントがあった事で、今までよりも広い目でポイントを見るようになりました。

例えば琵琶湖の取水塔を攻めている時にも1、2投は取水塔の反対側などに投げてみる事が増えました。

ほとんどの場合で釣れる事は無いのですが、たまに釣れるんですよ。これが。

実はそこはちょっとした岩やウィードだったりかけ上がりだったりするのですが、目の前に明らかに良さそうなポイントがある中で反対に投げたりする事無かったんですよね。

たまたま釣れた魚が今まで気付かなかったポイントを教えてくれる結果になりました。

そして1度気付くと他のポイントでも同じような隠れたポイントを新しく見つけられるようになるもんなんですよね。

大切なのは意識していつもは投げない所に投げる事

いつもと違う場所に適当に投げて釣れても、何故釣れたのか自分なりに分析しないと釣れちゃったで終わると思います。

なので適当に投げた事を意識する事が必要ですね。

釣れた場所を見てここは水路が曲がっているからかけ上がりになっていたのかな?とか、岸際にある岩が沖の方にまでつながっていたのかな?など自分なりに釣れた理由をこじつけると良いと思います。

こじつけでも回数が増えてくると何となく見えてくる物が出てきます。

まとめ

いつも同じポイントで同じルアーを同じ所に投げていたら釣れても満足感が少なくなってくると思います。

数が釣れない時代になったからこそ一匹の価値が求められますよね。

自分で考えて見つけたポイントで価値ある一匹を釣りたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です