魚礁には生き物もたくさんいるけど、ゴミも多い。なるべくゴミを出さない意識が大切ですね。

琵琶湖の人気ガイドのたまらんばい永野さんがダイバーを頼んで水中の状況の確認を行ったようです。

生き物が豊富にいる事の確認も出来ましたが、やはり気になるのはゴミの多さ。

釣り人のゴミだけではありませんが、やはりルアーが多くあったようです。

出来る限りゴミを釣り場に残さない気持ちが大切ですね。

出典:朝日新聞

バス釣りガイドは世間的には釣り愛好家なんですね(笑)

出典:朝日新聞

出典:朝日新聞

魚礁を潜って調べます。

出典:朝日新聞

エビが縦ストにビッシリ付いてる!

出典:朝日新聞

ゴリ系の魚もたっぷりです。

出典:朝日新聞

バスは魚礁の周囲にサスペンドしてたみたいですね。

それにしてもたくさんいます。

いても食わないだけなんですよね。

出典:朝日新聞

生き物も豊富ですがゴミも魚礁には貯まります。

出典:朝日新聞

真ん中のワームはゲーリーのクリーチャーですね!

その隣はピッグスプーン。

いかにも琵琶湖らしいルアーです。

出典:朝日新聞

やっぱり他にもワームは落ちていますよね。

出典:朝日新聞

永野さん、真面目な事を言っているのにいつも通り笑顔になっちゃってます。

出典:朝日新聞

とっても良い事言っているんですけどね。

やっぱりニコニコしています。

ルアーを無くしてしまったら水中に残り続ける。

頭では分かっているのですが、映像で見ると改めて認識が変わります。

ゴミを捨てない事はもちろん、出来る限りルアーを水中に残さない努力が必要ですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です