ディープで釣った魚をディープに送り届けてリリースする。すぐにリリースする場合はエア抜きより魚に優しいかも!

バス釣りでも10mくらいの深さで釣った魚はエアが溜まってしまい、リリースしても上手く泳げない魚がいます。

それよりも深い水深で釣る海の釣りではリリースしても上手くいかない事が多いのでしょうね。直接ディープまで魚を送り届けてリリースするリリーサーがあるみたいです。

バス釣りでも10mを超えるようなディープから釣った場合はリリーサーを使った方が、生存率が高いような気がします。

ロックレス フィッシュリリーサー

出典:YouTube

魚を元気にリリースする為のリリーサーですが、複雑な構造で壊れてしまうような物だったら結局使わなくなってしまいそうですよね。

今回ご紹介するシーフロアコントロールのロックレスフィッシュリリーサーはそんな心配をしなくて良さそうなとてもシンプルな構造です。

バネの力で魚の口に掛けたフックを閉じておいて、目的の水深でロッドをあおる事でフックを開いてリリースする。

単純で確実なリリース方法ですね。

リリースまでの流れ

発売されている状態だと、ラインを結ぶ側にはスプリットリングが付いていないので、スプリットリングを取り付けます。

最初から付けといてくれると便利なんですけどね。

スプリットリングを取り付けたら、反対側のスナップに重りを取り付けます。

重りの代わりにメタルジグでも良いですね。むしろジグの方が手元にある事多いでしょうね。

最初に取り付けたスプリットリングにラインを結びます。

本体のフックで魚の下アゴを挟みます。

ラインを結んだ所を引っ張ると、このフックが開くのでリリース出来るという構造です。

こんな感じですね。

衝撃を与えてしまうとフックが開いてしまうので、ゆっくりと目的の水深まで沈めていきます。

目的の水深まで届いたら、糸フケを取って

しゃくります。一気に力強く、長いストロークでしゃくりましょう。

ラインを聞いてみて魚が外れている事を確認します。

無事にリリース出来ています。ディープで直接逃がせられるのが良いですよね。

まとめ

ディープで釣った後、大丈夫そうだったのでそのまま逃がして、しばらくしてから何か浮いていると思ったら、さっき逃がしたバスだったという事があります。

最初から浮いていたらエア抜きしないといけないな。と思うのですが、最初は普通に逃げていったのに後から浮いてきちゃう事もあるんですよね。

この直接ディープに連れて行くリリース方法なら間違い無さそうです。

1つ持っておくと良さそうな道具だと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です