ダブルエッジ(リューギ)に5/0サイズと2サイズが新しく追加!5/0サイズを待っていました!

私が使うワームのリグは、全体の半分くらいはライトテキサスです。

琵琶湖が主なフィールドな事が理由ですが、沖のポイントを遠投して探る時はライトテキサスの使い勝手が良いんですよ。

そんなライトテキサスと相性が良いと感じているフックがリューギのダブルエッジです。

遠くで掛けても魚の口深くで掛かる外向きのフックポイントでありながら、ワームのセットのし易さも考慮された良いフックです。

そんなダブルエッジに5/0サイズと2サイズが新しく追加されます。

5/0サイズがあれば良いのに!と思っていた人は多いんじゃないかな。私もその一人です。

サイズ展開

出典:リューギ

今までは1〜4/0サイズだったのですが新しく5/0と2が追加されます。

ほとんどのワームは今までのサイズで何とかなりますが、やっぱり5/0サイズが欲しいと思う事があったんです。

私の場合はロングカーリーテールや大きめのホッグ系ワームを使う場合が5/0サイズを使いたかったんです。

今まではそんな時、DASフックの5/0を使っていましたがこれからはダブルエッジを選ぶ事も増えると思います。

参考までにDASフックはダブルエッジとコンセプトが似ていて、両方ともフックポイントは外向きの掛け重視のナローゲイブ。

違いはDASフックはダブルエッジよりもさらに掛け重視なフックなんです。

つまりダブルエッジよりもさらに掛かりが良いですが、ワームへのセットは更にやりにくい。

バランスが取れてるのはダブルエッジだと思いますが、とにかく掛けたい時はDASフックが良いですよ。

入本数は何本?

出典:リューギ

一パックに何本フックが入っているかと言うと、5/0サイズが4本で、2サイズが8本です。

一般的な入本数と同じですね。

人気があっても割高にしないところが素敵。

ちゃんとデメリットを理解しよう。

出典:リューギ

ちゃんとホームページで掛け重視の外向きフックポイントはワームへのセットがやり難い事を説明しています。

でもそこにはちゃんとそのように掛け重視にした理由も書かれています。

フックはワームに綺麗にセットする為のものではなく、食ってきた魚をキャッチする為のもの。

その通りだと思います。

私も野池をメインにしていた頃はワームに綺麗にセット出来るフックを好んで使っていました。

でも琵琶湖をメインにするようになって、数少ないチャンスですっぽ抜ける事が嫌で掛け重視のフックを好むようになりました。

確かにワームのセットはやりにくいですが、すっぽ抜けも減るし、深く掛かるので口切れも減るので魚のキャッチ率は明らかに上がったと感じています。

フックは魚をキャッチする為のもの。

それを優先して使ってみると確実にキャッチ出来る魚は増えると思います。

まとめ

出典:リューギ

新しくサイズが追加されるのは2月の予定のようです。

今年の春には間に合いそうで嬉しいです。

ライトテキサスやキャロライナで、遠投した先で深く掛ける事が出来るようになるダブルエッジを使ってみて下さい。

きっとキャッチ出来る魚が増えます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です