マグネットルアーホルダー(タックルハウス)。完全防水で安心。小物を無くさなくなりそう。

ボックスの奥からスナップを出したのに落として無くなってしまった。

フックやジグヘッドをちょっと置いておきたい。

そんな場面は誰にでもありますよね。

そんな時に便利そうな小物がタックルハウスから出ています。

シリコンで完全に包まれているので防水性も完璧ですし良さそうです。

マグネットルアーホルダー

出典:タックルハウス

タックルハウスのルアーを使う場面は揺れるボートの上だとか、磯などの足場が悪い場所などで使うイメージがあります。

そういった場面だと小物を地面に置くという事自体やりにくいと想像できます。

そんなメーカーだからこそ今回のマグネットルアーホルダーのような小物が欲しくなるのでしょうね。

製品自体はシンプルな作りです。

両側にネオジム磁石が入っているので

フィッシングベストや

ウェアのちょっとした部分

バックの一部に両側から挟み込むだけでセット完了です。

こんな感じで使いたい

使うイメージとしてはこのような感じです。

ルアーを外した後のスナップって風でなびいて取りにくい事ってありますよね。

そんな時にスナップをマグネットルアーホルダーに付けておけば、ルアーを取り出した後すぐに掴めます。

ワームをセットする時にも便利。

フックを先に出した後にワームを出して、さあ取付けようとしたらフックが無い。

あれ?どこに置いたっけ?という経験誰でもありますよね。

そんな時はフックを付けておけば無くなる事は無くなります。

ジグヘッドのように重りが付いている物も楽勝にくっ付くので安心です。

ネオジム磁石はやっぱり強力

ジグヘッドもOKと言っても重い物は無理なんじゃないの?

見た目がシンプルなのでそう思いますよね。

でもネオジム磁石ってやっぱり強力!

40gのメタルジグでも持ち上げられるくらい強力です。

携帯電話とか要注意だと思います。

かなり強力なネオジム磁石。

釣りに使うには便利ですが強力な磁石なので注意が必要だと思います。

バックやズボンのポケットにマグネットルアーホルダーを取り付けて、そこにスマホなどの電子機器を入れていると壊れてしまう可能性があると思います。

便利な道具ですが付ける場所は注意が必要ですね。

まとめ

マグネットルアーホルダーのような小物って使い始めると非常に便利な物も多いです。

第一精工の切れ端×糸クズワインダーも使い始めたら、もう無しではいられないくらい便利です。

このマグネットルアーホルダーも同じように使い始めたら無しではいられなくなりそうな予感がしています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
タックルハウス(Tacklehouse)
¥1,100 (2021/04/14 11:17:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です