マッドペッパーマグナム(ティムコ)にサイレントが登場。欲しい人は早めに購入ですね。

林圭一さんが作り上げた名作ディープクランクのマッドペッパーマグナム。

なんと登場して30年も経つようです。

30年経ってもディープクランクといえば真っ先に名前が出てくる。

そんなルアーはやっぱり魅力的ですよね。

そして今年、誕生して30年を記念してサイレントモデルが追加されます。

30周年記念モデル

出典:ティムコ

マッドペッパーマグナムがサイレント化する事で重心移動システムは無くなり、固定重心化するようです。

単純な飛距離は当然下がってしまうのでしょうが、固定重心化する事で立ち上がりの早さは良くなる事が期待出来ますね。

これは着水点から1mで食わせるようなポイントではメリットになります。

今までのマッドペッパーマグナムと立ち上がりの違いで使い分ける事も出来そうですね。

また単純に重心移動システムを廃止するだけでは動きの質が変わってしまうようで、それを調整するためにバランサーウエイトも入っているみたいです。

マッドペッパーマグナムの特徴でもあるロール気味の動きはしっかりと受け継いでいると思われます。

そもそもマッドペッパーマグナムってどんなルアー?

そもそもマッドペッパーマグナムはマッドペッパーのマグナムサイズとして出てきました。

そしてマッドペッパーはシャッドとしての位置付けだったので、マッドペッパーマグナムは良く潜るシャッドという事になります。

この当時、ディープまで潜るクランクはどれも大きい動きで巻き抵抗が強いものばかりでした。

そんな中、巻き抵抗が軽くシャッドの動きをディープで使えるマッドペッパーマグナムは画期的だったんですね。

他のディープクランクよりも中層での釣りに強いのも納得出来ます。

マッドペッパーマグナム(ティムコ)インプレ。長年釣れ続けるディープクランキンシャッド

そんなシャッド寄りのディープクランキンシャッドであるマッドペッパーマグナムによりナチュラルなサイレントモデルが追加されるので楽しみなんです!

サイズ

出典:ティムコ

マッドペッパーマグナムサイレントのサイズは、全長80ミリ、ウエイトは24.5gです。

オリジナルのマッドペッパーマグナムも同じ全長80ミリ、ウエイトは24.5g。

サイレントモデルになる事でバランスウエイトが入ったという事でしたので、違いがあると思いましたがコンマ一桁まで同じでした。

重心移動が固定になった事とサイレント以外は全く同じですね。

カラー

カラーは6色のラインナップです。

このカラーラインナップが個人的にはちょっと残念。

マッドペッパーマグナムといえばのゴーストアユや、固定重心になった事で面積を大きく取れる反射板のカラーなどが欲しかった。

ラインナップに入っているカラーも悪くはないのですが、何か特別感があるカラーが欲しかったのが本音です。

ティムコさんは反射板カラーを多く用意してくれるメーカーなんですけどね。

マッドペッパーマグナムサイレントのカラーはちょっと無難すぎるなぁと思います。

発売は6月予定

マッドペッパーマグナムサイレントの発売予定は6月のようです。

ちょうど巻き物をやりたくなってくる時期に合わせて発売ですね。

このサイレントモデルってそれほど騒がれていない気がしますが、気になっている人はめちゃくちゃ気になっていると思います。

去年のプロップペッパーのように品切れが続出するような予感がします。

欲しい人は見つけたら即購入するのが良さそうですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です