ゴーストアユカラーはマッドペッパーマグナムのプロトから生まれた。

どこのメーカーのルアーにも必ずと言っていい程ラインナップに入っているゴーストアユカラー。

このカラーって何となくの記憶ですが、ラッキークラフトのテストルアーに塗ってあったのが最初だと思っていました。

でも今江さんのブログを読んでいたら林プロがマッドペッパーマグナムに塗ったのが最初だったんですね。

林プロの懐の深さも垣間見える面白い記事でした。

元は林プロが作成したものだった。

出典:K.IMAE TOP SECRET

林プロって亡くなられてからも色々な方から話題に上がっていて、これも林プロがやっていたの?と思う事が何個も出てきています。

しかも誰もが人柄の良さを書かれていて、改めて偉大な人だったのだなぁと思います。

ゴーストアユが生まれた時も今江プロと林プロがトーナメントで1位と2位だったときに、林プロからプロトのマッドペッパーマグナムを今江プロに渡したようなのですが、その時のプロトカラーがゴーストアユだったみたいです。

今江プロはそのルアーを使って試合で優勝して林プロに勝ったのだとか。

トップを競っている相手にトーナメントで優勝するきっかけになるようなルアーを渡すなんて林プロ偉大だなぁ。

その渡されたマッドペッパーマグナムのプロトカラーを見て、今江プロがゴーストアユカラーだね。と言ったのがゴーストアユの始まり。

こういった話しを聞くとゴーストアユって特別なカラーに感じますよね。

もともと好きなカラーでしたが、もっと好きになりました。

その時のゴーストアユを再現しようとしているみたい

出典:K.IMAE TOP SECRET

そして今ではゴーストアユも釣れるカラーとして一般的なカラーになりましたが、30年という歳月が少しづつ色合いを変えていって元のゴーストアユカラーではなくなってしまっているようです。

最初のゴーストアユはプロトでサッと塗られたカラーだったので、もっとチープな感じだったよう。

そんな事で最初のゴーストカラーを再現しようと今江プロが動き始めたようです。

そんな簡単に塗られたカラーなら簡単に再現出来るかと思いきや、なかなか難しいみたいですね。

写真のように何個もサンプルを作ってテストしているようですが、最初のゴーストアユにはなかなかならないとの事。

私から見たら全部ゴーストアユなんだけどね(笑)

こだわると終わりがないのもカラーリングの世界かもしれませんね。

まとめ

今ではどこのメーカーにもあるゴーストアユカラー。

始まりは簡単に塗ったプロトのカラーだったんですね。

こだわって塗られたカラーが多いですが、実際に釣れるカラーってシンプルな事が多い気がします。

今回のような物語があるといっそう良いカラーだな。と思えてきます。

もしかしたら他のカラーにもいろんな物語があるのかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です