キャロライナリグのシンカーの代わりに高比重ワーム。蟲キャロは面白そう。

最近キャロライナリグにハマってます。

リグる面倒さはありますが非常に理にかなったリグだと思います。

そして最近流行っているカバースキャットのような高比重ワームを使ったノーシンカーの釣り。

ノーシンカーなのに10mを探れるのが強みですよね。

この2つが合わさったら凄いと思いませんか?

村上晴彦さんがまた新しいリグを思いついたようです。

ドンキーリグ

出典:YouTube

高比重ワームをキャロのシンカーの代わりにする蟲キャロが思い浮かぶ前に村上さんがやっていたのが二又スイベルで2つのワームを結ぶドンキーリグです。

ペンシルベイトの前に小さなポッパーを付けるリグがありましたよね。

それ専用のプラグもありましたし、アメリカではメジャーなリグでしたね。

前に付けたポッパーが、ペンシルに追われている小魚をイミテートしてバスが奪いに来るといったリグです。

それのワーム版ですね。

サビキのように単純に何個も付いている訳じゃないんです。ちゃんとバスの習性を活かしたリグなんですね。

実際に試すと面白いくらい前のルアーに食ってくるみたいですよ。面白いですよね。

ここでふと思い付く

沈み蟲を付けたドンキーリグ、これってキャロのシンカーの代わりに沈み蟲を付けた感じになっていない?といった事に気付きます。

確かにほとんど引っ掛かる事の無い高比重ワームをキャロのシンカー代わりにしたらどっちに食ってきても魚を掛けられる。

そして高比重ワームは15g前後あるので十分にシンカーの代わりにもなる。

シンカーを高比重ワームに変えるだけだからキャロをリグるのと手間は変わりません。

なのに両方で誘える。

使うワームを小さい物に変えればライトキャロになったりもします。

餌釣り的な考え方ですが、確かに効率が良いリグな感じがしますね。

私ならイカキャロかな(笑)

出典:スミス

村上さんは沈み蟲を使っていましたが私がシンカーの代わりにワームを使うならゲーリーのファットイカかなと思います。

カバースキャットも持っているのですが、今までの実績でファットイカに手が伸びる事が多いんですよね。

ファットイカをシンカー代わりにしたらイカキャロですね。

シンカーをファットイカで、ワームの方はスイングインパクトかな。

どっちも釣れまくりのワームなのでダブルヒットとかも期待出来ちゃうかも!

まとめ

村上さんは良い意味で一つの事をずっと続ける事が嫌いなタイプなのでしょうね。

いろんな事をやるので新しい事を思いつくのだろうなぁと思います。

キャロのシンカーの代わりに高比重ワーム。

本当に流行るかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

2 件のコメント

  • 実はこの動画か何かが出る前の日にゲーリーヤマタヌキのダウンショットのシンカーをカバースキャット2.5にして投げたんです。これは名案!とワクワクしていたのですが、投げた瞬間にバックラ笑
    同程度のサイズではダメですね。どちらかを大きくしたほうがいいと思いました。でも、僕はもうしないと思います笑

    • そうなのですね!
      同サイズでは投げにくい。参考になりました!
      ファットイカやカバースキャットのような自重が重いものがやっぱり上手くいきそうですね。
      今度試してみます(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です