スピナーベイトにスナップを使うデメリットを無くす方法

スピナーベイトには直結するのがベスト。

これは間違い無いのですがスナップを使いたい時ってありますよね。

私は太いPEラインをスナップに結ぶ場合、強度が出るイモムシノットを多用するのですが結ぶのに時間がかかります。

これをスピナーベイトを使う度に結ぶのは流石にしんどい…

なのでスピナーベイトにゴム環を付けてスナップを使っていました。

簡単に出来るので良いのですが、ラインがクルっとスピナーベイトを回った時に絡まっちゃうんですよね。

今まで仕方ないと諦めていたのですが、ふと思いついた方法で解決しました。

用意したのは太PEラインとソリッドリング

用意した材料は太いPEラインとソリッドライン。

用意したと言っても、もともと持っていた道具で作った感じです。

やる事は単純。スピナーベイトのアイの部分とソリッドリングをイモムシノットで結ぶだけ。

最初は普通に両側をユニノットで結んだのですが、写真のように短くする事が出来ない事、多少は張りを持たせないと絡むという事から両側イモムシノットに行き着きました。

アイ側、ソリッドリング側共に5mmくらいイモムシノットで編んだ感じです。

そして結び終わりの所は瞬間接着剤でほつれるのを防止します。

イモムシノットはラインの本線を残り糸で囲むノットですので、本線が傷付きにくいのもメリットですね。

写真のようにフック側にラインが移動してしまっても…

結び目の所が動くので

くるりんと元通り!

普通にアイにラインを直結しているのと同じ感覚で使えます。

まとめ

スナップを使った場合のスピナーベイトのイライラ。

アイの部分にラインが1回転して泳ぎが崩れる事を抑える事が出来ました。

アイの部分がごちゃごちゃするのが気にはなりますが釣果には関係ないでしょう。

ラインを直結するのがベストだとは思いますが、ちょっと面倒という時はオススメ出来る方法だと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です