オールダブルフット、ソフトなティップを持つディアルーナBSのB63Hが気になる。

ルアーにアクションが付けやすいショートロッドでありながら、大きめのルアーを投げても負けないバットがあり、アタリを弾きにくい柔らかめのティップがあるロッド。

そんなロッドって一般的に怪魚用と言われるロッドだったと思います。

でも東京湾でシーバスのコノシロパターンが流行って、今までは怪魚用としてしか需要が多くなかったそんなロッドが求められるようになりました。

ディアルーナBSのB63H。

シーバスのコノシロパターンを想定して作られたロッドですが、いろんな釣りに使えそうなロッドになっている気がします。

スペック

出典:シマノ

ディアルーナBSシリーズはボートシーバスを想定して作られているモデルです。

なのでおかっぱりシーバスとは違う、6.6フィートあたりの短めのロッドが主なラインナップとなっています。

そんなディアルーナBSに今までには無かったB63Hというモデルが入ったんです。

全長1.91m(6.3ft)、自重110gのロッドなのですが、コノシロパターンで使うビッグペンシルを想定しているので適合ルアーウエイトが130gという珍しいモデルなんです。

2ピースという所も携帯性に優れていて良いですね。

オールダブルフットガイド

良いなぁと思う所の一つがガイドが全てダブルフットになっている事です。

バス用のロッドだとヘビークラスのロッドでも先端付近はシングルフットになっていますからね。

ダブルフットはシングルに対してロッドが綺麗に曲がるのに対して不利だと言われますが、私はオールダブルフットのロッドを使っていてそう感じた事はありません。

そしてダブルフットとしての強度の強さを感じる事は多くあります。

ティップが重くなってしまう事はありますが、その辺りはグリップの方の重さを増すことで持ち重り感は解消出来ます。

私は強度が高い事によるメリットの方がデメリットよりも遥かに大きいと思うのでダブルフットが好きなんです。

バットが強くてティップが適度に柔らかいのが良い。

130gもあるルアーに適合しているので、バットはかなり強くなっている事が想定出来ます。

それでいてペンシルの首振りを綺麗に出そうと思ったらティップが柔らかくなっていないと出来ません。

鈴木さんの解説動画を見るとやっぱりティップは曲がるように設計されているようですね。

このバットが強くてティップが柔らかめのロッドはバスロッドではフロッグ用のロッドが当てはまります。

フロッグ用のロッドで汎用性が意外と高いんですよ。プロの人がテキサスとかで使っていたりします。

でもバス用のフロッグロッドで長いんですよ。だからルアーにアクションが付けにくいんです。

B63Hはフロッグロッドを短くした様なテイストのロッドになっていそうです。

大きいルアーをアクション付けやすそうなロッドですよね。

こんな釣りに良さそう。

東京湾のシーバスをやる事が無い私ですがB63Hはいろいろな釣りに適していると思います。

こんな釣りに良さそうと思っているのを挙げてみます。

ビッグベイトやビッグミノーのジャーキング

シーバスのコノシロパターンで想定されているビッグベイトやビッグミノーのジャーキングは当然バスでも使いやすいと思います。

バス用のビッグベイトが使えるロッドで6.3フィートという短いロッドはなかなか無いので、アクションを付けて使いたいという人には適していると思います。

フロッグ

バス用のフロッグロッドって長い物が多いですが短いフロッグロッドが使いたくなる事ってありませんか?

琵琶湖のように遠投して使うなら7.2フィートくらい確かに欲しいですが、岸を撃って行く釣りだったら6.3フィートもあれば充分届きます。

届くのであれば短い方がアクションは明らかに付けやすいです。7.2フィートと6.3フィートのアクションの付けやすさは全然違いますよ。

テキサスやラバージグ

テキサスやラバージグもティップが少し入ると障害物に当たった時に細かく誘う事がやり易くなります。

遠投しないで近距離で使う場合はロッドが短い事が正確なキャストにつながりますしね。

バットはしっかりしているので合わせた時のパワーも問題無さそうです。

怪魚系の魚

私が良く狙うライギョを狙う時にもちょうど良さそうだと思います。

ヘビーカバーのライギョは専用のロッドが必要ですが、オープンウォーターの場合はゴツすぎて細かいアクションを付けにくいんですよね。

6.3フィートの短さでトップを細かくアクション付けて狙いたいです。

まとめ

ありそうで無かったB63Hのようなロッド。

実は値段もお手頃だったりします。二万円前半で買えるんじゃないかな。

一本このようなロッドがあると便利そうだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です