キャロライナリグのメインラインにはナイロンラインが良いと思います。(リーダーはフロロカーボン)

ワームなどの底物をやる時はフロロカーボンラインが定番です。

ですがキャロライナリグの時に使うメインラインはナイロンラインの方が良いと最近は考えています。

今回はラインの重さと伸びからキャロライナリグに適したラインは何が良いか考えます。

フロロカーボンラインの1番のメリットはラインの存在を消せる事。

フロロカーボンラインを底物に使う事のメリットは確かに多く、ワームの釣りには特に適していると思います。

その1番の特徴は比重が重い事。

比重が約1.7程度なので水よりもかなり重く、どんどん沈んでいくんです。

その為最終的にはラインは底に沈みます。

ラインが底に沈むとラインの存在をかなり少なく出来るんです。

ラインの存在を消せる事の効果はかなり大きく、みんながやっているカバースキャットの釣りでもラインを底まで落とす事は絶対条件になっていますよね。

フロロカーボンラインは他にも初期伸度が小さく感度が良いとか、スレに強いとかありますが、最近はラインの存在を消せる事が1番のメリットだと感じています。

ラインが沈む事はデメリットもある。

ではフロロカーボンラインにデメリットは無いのか?というとそうでも無いんです。

1番のデメリットはラインが底に沈む事によって根がかりが増える事です。

特に岩場で顕著に差が出るのですが、岩場でラインを底まで沈めてしまうと岩と岩の間にラインが入り込んでしまいます。

そのままルアーを巻くと岩と岩の間に挟まってしまうんです。

カバースキャットのような引っかかりにくいノーシンカーワームなら良いのですが、シンカーやジグなどは良く引っかかってしまいます。

その点水の比重に近いナイロンラインだと、竿先からルアーまでほぼ一直線にラインが位置取り出来ます。

なのでルアーを動かした時にシンカーを持ち上げる方向に動かせるので根がかりが減らせるんです。

またラインが沈むと竿先からルアーまでラインが扇状に垂れている状態になります。

なのでナイロンラインよりもルアーまでに出ているラインの長さが多くなるんですよ。

このラインが多く出ている状態はルアーを自然に動かす事が出来る反面、感度や合わせる時の力の伝達力は下がってしまいます。

ラインが沈む事のメリットとデメリットどちらを優先するのかが大切。

ラインが底に沈む事にはこのようにメリットとデメリットがあります。

カバースキャットのような釣りでしたら、沈む事のメリットを優先するべきでしょうし、根がかりが多くて釣りにならないような場所だとナイロンラインを使う事で根がかりはかなり減らせます。

その時に何を優先するのかがラインを決めるポイントだと思います。

キャロライナにナイロンラインはほぼメリットしか無い

ここで本題のキャロライナリグに使うラインです。

キャロライナリグはメインラインにシンカーを付けてリーダーを付けます。

ルアーとシンカーまで距離があるんです。

ルアーまでシンカーとメインラインが距離があるので、メインラインを底まで沈めてラインの存在感を無くす事のメリットってほとんど無いと思うんですよ。

リーダーさえフロロカーボンにしていれば、ルアー付近のラインは底に沈ませられますしね。

なのでキャロライナリグにはメインラインをナイロンラインにしてシンカーを上に引っ張り上げられるナイロンラインの方が良いと思うんです。

シンカーは水中に漂うナイロンラインで根がかりを減らして、リーダーは底に沈めてラインの存在感を消す。

これが私が良いと思っているキャロライナリグのライン選択です。

合わせのラインスラッグの点でも有利

ナイロンラインはフロロカーボンラインと比べてルアーまでの出ているラインの量が少なくなります。

フロロカーボンラインは沈んで扇状に垂れ下がるからです。

なのでアタリがあったときに合わせた力がダイレクトに針先に伝わります。

ラインの伸びの違いでナイロンラインの方が良く伸びますが、フロロカーボンラインも伸びる事を考えると、垂れ下がっている長さが多い分フロロカーボンラインの方が伝わりにくいと思うんです。

フロロカーボンではギア比の高いリールで一気に巻いて巻き合わせをしていますが、ナイロンラインならそもそも垂れ下がっていないので合わせは効きやすいですよ。

ちなみにナイロンラインの伸び率は約30%、フロロカーボンラインの伸び率は約25%(ただし初期伸度は小さい)みたいです。両方とも思ったより伸びますよね。

まとめ

今までワームなどの底物の釣りではフロロカーボンラインだけ使ってきましたがキャロライナリグに限ってはナイロンラインの方が良いと思います。

私がこれに気づいたのもたまたまで、おかっぱりでナイロンラインを巻いたリールしか持っていって無かったのでそのまま使ったんですよ。

そして使ってみたらいつもより根がからないぞ!と気付いたんです。

いつもなら1日やったら何回か根がかりでロストするのですが、この日はロストゼロだったんです。

ワームはフロロカーボンと決めつけないで、いろいろと試してみると更に快適に釣りが出来るセッティングもあると思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です