モーゲットウエスト(Bluestorm)。子供でも使えそうな膨張式のライフジャケット。

膨張式のライフジャケットが出てきて夏場の快適性はかなり向上しました。

オカッパリでライフジャケットを着用する人が増えてきたのも膨張式のライフジャケットのおかげですね。

そんな膨張式のライフジャケットですが、何気なく新しい物を見ていたら更にコンパクトになっているんですね。

大人の男性にはもちろん、ウエストの細い女性や子供の快適性はかなり上がっていそうと感じました。

モーゲットウエスト

出典:ブルーストーム

夏場の快適性が高いウエイトタイプの膨張式ライフジャケット。

ベルトのように装着するだけなので快適です。

私は今までのモデルでも特別問題はありませんでしたが、ウエストの細い女性などはフィッティングがあまり良くない事もあったようです。

その理由は浮き袋となる部分が綺麗にウエストにフィットしなかった事。

浮き袋が入っている部分って綺麗に曲がらず、折れ曲がるような感じになるので、背中から手前に来る部分で折れ曲がる感じになるんですよ。

女性だとその浮き袋の部分がお腹側まで来て上手くフィットしない事があったようです。

モーゲットウエストは写真のように女性でも背中部分だけで収まるくらいコンパクトになっています。

これはかなり快適そうですよね。

長さはこれまでの1/2以下

どれくらいコンパクトになったのか比べてみると、写真のように驚くくらいコンパクトになっています。

半分以下になっていますよね。

これだけコンパクトに出来たのはレールシステムという浮き袋がベルトに沿って移動するシステムが発明されたから。

落水すると自動で膨張し始め

収納されていた浮き袋がウエストのベルトをつたって前に出てきます。

そして浮き輪形状に。

ベルトをレールのようにして前に浮き袋が出てくるのがレールシステムです。

このシステムのおかげでコンパクトにする事が可能になったんですね。

もちろん型式承認タイプA

いくらコンパクトになっていても使える場所が限られていては意味がありません。

モーゲットウエストは型式承認タイプAなので、海でも使う事が出来ます。

もちろん平水地域も問題ありませんよ。

平水地域でもボートの種類によってタイプAじゃないといけない事などもあるようですから、タイプAの物を選んでおくことが無難です。

急に海に行く事になってもそのまま使えますしね。

ウエスト何センチ以上ならOK?

以前、子供用の膨張式のライフジャケットがブルーストームから出ていないか問い合わせた事があるんです。

膨張式のライフジャケットはウエストが細すぎると膨らんだ時に抜けてしまうことがあるとの事でした。

なので、子供用の膨張式のライフジャケットは今のところ無いという事だったんですよ。

仕方なく夏場は暑いから可愛そうだなぁと思いながらも、固定式のライフジャケットを着させていました。

モーゲットウエストは女性が装着してもフィッティングが良いと説明されています。

ウエストが細い女性でも問題無いのなら、同じくらいのウエストの子供でも問題無さそうですよね。

でもメーカーの数値ではサイズが70センチ〜100センチとあります。

写真の女性のウエストが70センチという事は無いと思いますので、それ以下でも問題は無さそうですが…

最低限必要なウエストサイズがあるのなら記載されていると思うので、ショップで試着してみてしっかりとベルトが閉まれば問題無いという事なのかな?

子供用に良さそうな膨張式のライフジャケットだと思っていますが、安全性に関わる所なので気になるところです。

カラー

カラーは4色のラインナップです。

この辺りは今までとあまり変わらない感じですね。

今後迷彩カラーなども増えていくのかな?

膨張式のライフジャケットは浮き袋が黄色なので、目立つカラーが良いとかは関係ありません。

自分の好きなカラーを選べばOKです。

まとめ

安全性を確保をしながら、どんどんコンパクトになっていくライフジャケット。

これだけコンパクトになったら付けていてもほとんど気になりませんね。

ボートだけでなくオカッパリでもライフジャケットを着ることで事故は確実に減ると思います。

これからも良いライフジャケットが出てきてくれる事を期待しています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です