フラシュリンプ(イマカツ)。フラスカートがリップの代わり!?ただ巻きでも動くファットイカ。

ゲーリーのファットイカって良く釣れますよね。

単価は高いですが良く釣れるので良く使います。

今度イマカツから発売されるフラシュリンプはファットイカのようにフラスカートが付いていますが、実はこのフラスカートはリップの代わりなんだとか。

とても釣れそうなワームです。

フラシュリンプ

出典:イマカツ

フラシュリンプは三原さんが開発に携わったワームのようです。

写真で見た感じはファットイカのスカートが両方に付いていて、足が付いてるなぁといった印象でした。

コンセプト的にファットイカと同じ高比重のバックスライドワームだったら気にならなかったと思います。

ですがフラシュリンプは見た目こそファットイカに似てますが全然コンセプトは違いました。

フラスカートは上部半分にしか付いていないんですがこれは何とリップの代わりに付いているんだとか。

ただ巻きするとフラスカートが水を受けてユラユラと首を振るんです。

昔、奥田さんがファットイカをチューニングしてただ巻きでフラフラするようにしていましたが、アレはシンキングペンシルのように腹に水を受けてフラフラしていました。

動きは似ていますが水を受けさせる場所が違っているのが面白いです。

テールのフラスカートは首振りさせる為に付いている

フロントのフラスカートはリップの代わりに付いていますが、リアのフラスカートは何故付いているのでしょう。

それはボトムでトゥイッチした時に首を振らせる為に付いています。

フロントのフラスカートだけだとトゥイッチした時につんのめる様な動きになって首を振りにくかったみたいです。

テールにもフラスカートを付ける事で適度なブレーキが働き首振りがしやすくなっているようです。

またフラスカートはフロントの方が長くなっているのでフックを刺す時は確認が必要ですね。

ボディの下半分だけ高比重

フラシュリンプは上半分と下半分で非常が変えられています。

下半分が高比重になっているようです。

これはただ巻きやトゥイッチした時にワームが回転しないようにする為でしょうね。

プラグも可能な限り重心を下げる事によってバランスが崩れた時に元の姿勢に戻りやすくなります。

ワームも一緒ですね。

元に戻るという事はフックが常にボトムと垂直になっているので、根がかりが減るだけでなくバスの上顎に掛かりやすくなるというメリットがあります。

サイズと適応フック

サイズは3インチと短めの設定です。

フラスカートの分を除いたらもっと短そうですよね。

三原さんが使っているフックはリューギのインフィニの1/0と2/0。

どちらのサイズでも問題なくフッキングは決まるそうですよ。

手に入りやすいフックに合わせて作られているのは釣り人として有難いです。

カラー

カラーは少なめの5色のラインナップです。

かなり厳選されたラインナップですね。

しかも5色のうち3色はグリパン系。

やはりグリパン系は強いのでしょうね。

まとめ

ファットイカより一回り小さくて、ボトムで首を振る事も出来るフラシュリンプ。

どう考えても釣れるワームですよね。

普段はゆっくりただ巻きをして、何かある場所ではゆっくりとトゥイッチ。

そんな使い方が想像出来るワームです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です