ボーンダックスくん(フィッシュアロー)。最近こんな感じのルアー無かったですよね。

20年くらい前のトップウォータープラグが人気だった時代。

こんなルアーで釣れるの?みたいなルアーが多くありました。

道楽を代表としてウッドプラグで面白い物がたくさんありましたね。

今度フィッシュアローから発売されるボーンダックスくんというルアーを見て昔はこれみたいなオモチャみたいなルアーが多くあったなぁと思い出しました。

ボーンダックスくん

出典:フィッシュアロー

ボーンダックスくんは全長150ミリのウッドプラグ。

ウエイトの記載はありませんでしたが2オンス以上あるのでしょうね。

もともとフィッシュアローはビッグプラグが得意なイメージがありました。

その後フラッシュJなどが人気が出てビッグプラグのイメージは少なくなりましたがやっぱりビッグプラグが好きなメーカーなのだと思います。

フロントペラのスイッシャーは良い

シングルスイッシャーといったらへドンのトーピードのようにリアペラが良いと思っていましたが、フロントにビッグペラを付けたルアーって良い動きなんですよ。

ただ巻きでも良く釣れますし、首振りも実はリアペラより得意だったりします。

ボーンダックスくんのフロントペラはちょっと大きいだけに見えますが実は9センチもあるようです。

9センチのペラってなかなかありませんよね。

この大きなペラが回るのでボディもペラに振られて上下に振動してて良い動きです。

骨の形をしているのも面白いですね。

テールには直付けのブレード

テールにはウィローブレードが直付けで付いています。

ただ巻きでこのブレードがキラキラ光るんです。

スイベルを付けて回転させるのではなく、直付けにする事で犬がしっぽを振っているような動きになっているんですよ。

最近こう言った遊び心のあるルアーって減りましたよね。

ネームプレート入り

ハンドメイドのウッドプラグらしいネームプレートが付いています。

ネームプレートが付いてるとグッと質感が上がりますね。

しかもここにも骨のデザイン。

こだわってますね。

カラーはやっぱりホワイトコーチが良いな

トップウォータープラグってホワイトコーチドッグが似合いますよね。

ザウルスのルアーをオークションで見ててもホワイトコーチドッグは値段が高めなので好きな人多いのだと思います。

私もホワイトコーチドッグ好きなんですよ。

ボーンダックスくんのカラーは4色で、ブラックタン、レッド、ゴールドと来ていきなりホワイトコーチドッグ!

きっと開発に関わった人にホワイトコーチドッグが好きな人がいたんだろうなぁと思いました(笑)

私も好きなカラーなのでホワイトコーチドッグは譲れなかったんだろうなぁと一人で勝手に納得しています。

まとめ

昔は誰も使わなかったビッグクローラーベイトが今では完全に新しいジャンルとして定着しました。

トップウォータープラグはプレッシャーに強いところもあるのでスレたフィールドでは反応が良い事もあると思います。

ビッグトップウォータープラグが人気になる時代がもう一度来るかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です