レゼルブハッチ(ディスタイル)。使いやすい1オンスクラスのクローラーベイトが登場

サイズ展開が進むディスタイルのレゼルブシリーズ。

今回はクローラーベイトとして使いやすい1オンスクラスが追加です。

超低速でも動くクローラーベイトらしいルアーです。

レゼルブハッチ

出典:ディスタイル

レゼルブといったら細身のシルエットのルアー。

そんな印象がありましたが今回はクローラーベイトらしいシルエットです。

全長80ミリ、ウエイトは28gでちょうど使いやすいサイズ。

レゼルブの横向きスタイルと透明なウイングは今回も継承されています。

ウイングはポリカーボネート製

レゼルブシリーズのウイングはどれも光を通す素材となっています。

前回のレゼルブビッグで採用されたポリカーボネート製のウイングが今回のハッチにも採用されました。

やっぱり金属のウイングとは魚に与える印象は違うのでしょうね。

この手のルアーは特にゆっくり誘うのでさらに違いが出そうです。

フロントフックはスイベルアイ

フロントフックはバラしを少なく出来るスイベルアイが採用されています。

この取り付け方はジャッカルのチョップカットと同じ取付け方ですね。

金属板がルアーの質感を上げながらスイベルの交換も可能な上手い取り付け方です。

たしかディスタイルのプラグはジャッカルが作ってましたもんね。

ジャッカルの良い所をしっかりと採用しています。

テールフックのフェザーも似てる

テールフックにはフェザーが採用されています。

このフェザーの雰囲気もチョップカットと似てますね。

余談ですがもともと短めのフェザーのチョップカットですが、私が購入したものは更に短くなってました。

フックからちょっとしか出ていないくらいです。

せっかくフェザーを付けるのでレゼルブハッチはちゃんと適正な長さにして欲しいです。

カラーは6種類

カラーは6種類のラインナップです。

クローラーベイトなのに小魚を意識させるカラーが多いのはレゼルブらしいですね。

ブルーバックのゴーストカラーとなとても良い色だと思います。

アクション

アクションは極めてゆっくり動かしてモジモジさせる系の動きです。

クレイジークローラーとは別のクローラーベイトですね。

可能な限り1点でモジモジ動かして魚に食わせる。

ノイジープラグではなくてクローラーベイトといった動きです。

しかしつい何年か前までクレイジークローラーなどの羽根モノってほとんど使う人いなかったんですけどね。

どんなルアーが流行るのか分からないものですね。

まとめ

ウエイトが28gのレゼルブハッチは特別強いロッドを用意しなくても使えます。

青木プロはミディアムのロッドを使っていました。

特別にロッドを用意しなくても無理せず使える1オンスクラスのクローラーベイトは便利です。

人気が出そうな気配を感じますね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ハンドメイドスピナーベイトCambia 販売しています。

Cambiaの詳細についてはこちらをご確認下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。