ホーミングプライヤーtype-FN(第一精工)。ハサミ型プライヤーをオートで格納。これは凄い便利そう。

第一精工の小物って便利でついつい買ってしまいます。

ついこの間も切れ端×糸クズワインダーのビッグサイズを店で発見して購入してしまいました。

オリジナルサイズの切れ端×糸クズワインダーをもっているんですけどね。

そして今回はハサミ。

ピンオンリールが一体になったホルスターが付いていて便利そうなんですよ。

ホーミングプライヤーtype-FN

出典:YouTube

ホーミングプライヤーtype-FNはホーミングシリーズの中の一つであるハサミ型のプライヤーです。

ホーミングシリーズにはハサミ型プライヤーのFN。

プライヤーの先端がスプリットリング外しになっているタイプがSR。

PEがカットしやすいハサミがPEとなっています。

ハサミだけのPEタイプでも良いかな。と思ったのですがFNタイプは先端だけプライヤーになっていて根本はハサミ。

だったら両方を兼ねるFNが良いですよね。

ホルスターとピンオンリールを一体化させるアイデア

多くの人がラインをカットするのに摘んで切るタイプのラインカッターを使用していると思います。

ピンオンリールと組み合わせるといちいちカバンからハサミを出さなくても使えるので便利ですよね。

そしてハサミとは違ってぶら下げたままでもケガをする事が無いので安全です。

ですが使い続けていくうちに切れ味が悪くなっていきます。

ハサミのように長いこと切れ味が保たれないんですよ。

でもハサミをピンオンリールにぶら下げて使うのは刃先が危険。

ホーミングプライヤーtype-FNはそんな悩みをまとめて解決してくれます。

ホルスターとピンオンリールをまとめる事によってハサミの刃先をホルスターの中に入れておけるんです。

そして使いたい時は引張るだけ。

これはナイスアイデアですね。

カラビナで使いたい

使い方としてはカラビナを付けてズボンに引っ掛けておくのが便利だと思います。

ルアーを結び変える時にも、釣れた魚のフックを外す時にもさっと使えるのは良いですよね。

使う所をイメージするだけで使いやすそうなのがイメージ出来ます。

値段がちょっと高い

そんな便利そうなホーミングプライヤーtype-FNですが値段が税込4180円とちょっと高め。

希望としては半額くらいだったら良かったのにと思います。

いろいろなパーツが専用設計なので高くなってしまうのでしょうね。

まとめ

釣り道具はルアーだけでなく収納道具だったりこんかいのような小物のパーツもあります。

システマチックに揃えて使うと気持ち良いんですよね。

ちょっと高いホーミングプライヤーtype-FNですが使いやすそうなのは間違いないです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

アマゾンだとこの値段です。買おうか実に悩ましい値段ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です