ヘッドスイマーリベロ(レイドジャパン)。スピンテールを超える可能性がある食わせルアーだと思う

サイズはともかく数をたくさん釣りたい。

そんな時に強いのがスピンソニックやデラクーなどのスピンテールだと思います。

巻くだけでとにかく数が釣れるんですよね。

デラクーでスピンテールの人気が出る前はスピンソニックでたくさん釣らせてもらいました。

誰も投げてなかったから良く釣れたんです。

そんなスピンテールに釣り勝つ可能性が有ると思っているのはブレディなどのブレード付きフックのリグです。

今度レイドジャパンから発売されるリベロはブレード付きのルアーとして完成度が高そうだと思っています。

リベロ

リベロをジャンルとして分類するならスイムベイトなのかもしれません。

でも釣れそうだと思うポイントはやっぱりブレード。

ジグヘッドにブレードが付いた物ってとても良く釣れますからね。

それをスイムベイトとして煮詰めたリベロは釣れるとしか思えません。

スピンテールが引っかかる場所で使いたい

比較的オープンな場所で浮いている魚を狙うなら今まで通りスピンテールの方が強いと思います。

シルエットも小さいですし良く飛ぶので広範囲に探れますから。

でもリベロはシングルフックでボトムで立つように設計されているのでとにかく根がかりに強そうです。

スピンテールが苦手としていた根がかりが多そうなエリアをブレードと小さいシルエットで誘う。

そんな使い方がリベロは良さそうです。

ブレード

リベロに付いているブレード。

もちろんオリジナルのブレードが付いています。

形状はウィーロータイプでフラッシングが強く出るタイプです。

抵抗が大きいコロラドタイプを付けてしまうとシャッドテールの強さが消されてしまうのかもしれませんね。

ワームにブレードを付ける時はウィロータイプの方が良さそうに感じます。

フックはフッ素コート

リベロはジグヘッドなのでフックの交換が出来ません。

なのでどのようなフックなのかはとても重要なポイントです。

標準のフックはフッ素コートが施されているだけでなくけっこう太軸。

ルアーは小さいですが狙っている魚は大きいということが良く分かりますね。

カバー回りで使う事も多そうなのでカバーに巻かれてしまっても強引にやり取り出来そうです。

最低限の2本のガード

ジグヘッドリグはフックが剥き出しになっているので根がかりに弱いです。

ところが華奢なガードが付いているだけでもかなり引っかかりにくくなるんですよ。

付いているか付いていないかの違いは物凄く大きいです。

リベロには2本のガードが付けられています。

フッキングの妨げにはならずに根がかりは最大限減らす。

そんな目的で付けられているガードですね。

世の中に出ているジグヘッドは全てこの様なガードが付けてあれば良いのにって思っています。

要らないなら切れば良いだけですから。

ウエイトは2種類

ヘッドのウエイトサイズは5gと7gの2種類です。

そして重さが違うのにベッドの大きさは同じなんですよ。

素材を変えて同じ大きさにしているようです。

ヘッドの大きさが同じということは…

ワームのサイズも同じという事になります。

つまり見た目は全く同じ。

同じ使用感でウエイトを変えて使える。

使いやすそうです。

まとめ

リベロの存在を知った時に、良い所狙ってくるなぁと正直思いました。

ブレディなどのブレード付きのリグってとても良く釣れるルアーなのですが、ルアーとしての魅力が弱いんです。

釣れる事は分かっている人は使うけど、使った事のない人が使ってみようと思わせる力が無いといった感じ。

その点リベロはルアーとしてとても魅力的な感じに仕上がっています。

これなら使ってみようと買って、使ったら凄く釣れるじゃん!ってなりそうな感じがします。

デラクーもそんな感じでしたよね。

これからメジャーになりそうなジャンルのルアーだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です