エックスオーバー(エバーグリーン)。ヒラ打ちからの余韻アクション。フラップスラップで証明された釣れる動き。

清水盛三さんが作るルアーはどれも名作ばかりです。

そんな盛三さんが新しく手掛けたエックスオーバーもきっと良いルアーなんだろうと期待しています。

エックスオーバー

出典:エバーグリーン

エックスオーバーはシャッドなのかジャークベイトなのか、それともクランクなのか悩むデザインです。

そしてそのどのジャンルにも属さないデザインのようにクランキングもジャークもこなすルアーになっているようです。

全長は9センチと一般的なサイズですが体高があるためウエイトは18.5gと重ためのウエイトとなっています。

ベイトリールでもしっかりと投げられるウエイトに作ってくるあたりが巻き物が得意な盛三さんらしいですね。

スリーフックで掛ける

エックスオーバーのデザインだと2フックが一般的だと思います。

ですがエックスオーバーは3フックとなっています。

ジャークで反射的に食ってくる魚は乗らない事も多いですから、3フックになる事で明らかに釣れる数は増えると思います。

テールフックは絡み防止の為にエイトカンが上部に取り付けてあります。

9センチのボディに3フックを付ける事は絡みとの勝負ですからね。

フックサイズは3本とも6番となっています。

9センチの全長によく6番フックが3本収まりましたね。

これも体高のあるデザインの恩恵だと思います。

ジャークした時の動きが良い!

エックスオーバーはフラットサイド気味なデザインなのでヒラを打った時のキラキラが非常に良く出ています。

右にヒラを打って、左にヒラを打って…

次はなんとヒラを打ちながら一回転!

頭は真後ろを向くくらいバランスを崩してヒラを打っています。

そしてヒラを打った後にはフラフラと余韻の動き!

この動きを見てメガバスのフラップスラップを思い出しました。

釣れるんですよね、この余韻の動き。

スローフローティング。これがとても大切。

最初からサスペンドに設定されているとフロロカーボンラインを使う場合はシンキングになってしまうんです。

昔のようにナイロンラインを使うなら問題無いんですけどね。

なのでサスペンドとして使う場合もスローフローティングに設定されているのがベストだと思います。

浮く場合は鉛を貼るだけで調整出来ますから。

盛三さんが作るジャークベイトはいつもスローフローティング。

世間的には売れるのはサスペンドなのでしょうが、スローフローティングで作ってくれる辺りがとても好感が持てます。

カラー

カラーは厳選された5色のラインナップです。

クランキングでもジャーキングでも良い動きですが、やっぱりジャークした時のキラメキが活かせるカラーラインナップになっていますね。

個人的にはやっぱりインナープレート入りのカラーを選びます!

まとめ

クランキングでもジャークでも使える今までに無いフラットサイドルアーのエックスオーバー。

めちゃくちゃ釣れそうだと感じました。

早く本物を見てみたいルアーです。

フェイスみたいに何個も買ってしまいそうな気がしてます(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です