バルキースピア(カルティバ)。口の奧深くに掛けていけるワイドゲイブのオフセットフック。

フックってこだわり始めると終わりが無い世界です。

これを優先すればアレが失われるみたいな感じで全て完璧にはならないんです。

私がワームフックに求める事は、口の奧深くに掛かる事。

魚がバレる原因のほとんどは口切れによるものとガマカツの社員さんが言っていたのですが、私も実感として口切れがバレる一番の原因だと思っています。

その口切れを防ぐのに有効なのが口の奧深くにフックを掛けることなんです。

口の奧深くに掛けていけるフックの代表的な物がストレートフックなのですが、ストレートフックはワームがズレやすいのが難点。

なので私は針先が外側を向いたオフセットフックが好きなんです。

ナローゲイブのフックではハヤブサのD.A.Sオフセット、ワイドゲイブのフックではカルティバのバルキースピアが究極に深く刺さるフックだと思っています。

今回の動画では塚本さんがバルキースピアを使ってバスの口の奧深くに掛けています。

分かりにくいので赤丸で書きましたが、写真くらい深い所に掛かっています。

これだけ深く掛かれば口切れは完全に防げます。

すごく良いフックなのにショップにはなかなか置いてなくてネットで買わないと手に入りにくいのが残念な所。

私が作っているハンドメイドスピナーベイトのCambiaにもバルキースピアを標準で取付けている事からもバルキースピアに対する信頼の高さが分かって貰えますよね。

もっと良いフックという事が認知されてどこのショップでも買えるようになると嬉しいです。

ハンドメイドスピナーベイトCambia 販売しています。

Cambiaの詳細についてはこちらをご確認下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。