カバージグで打った後にスモラバ投入。角度を変えて食う。この丁寧さが大切ですね。

光大郎さんは居ると思う場所はしつこいくらい狙うと伊藤匠さんが言っていました。

今回も流木にカバージグを投入してアタリ無し。

スモラバに変えてマイクロピッチシェイクしてアタリ無し。

角度を変えてマイクロピッチシェイクで少しづつ落としていって、アタリ無し。

スッとラインを落とし込んでシェイクし始めたらやっと食う!

これだけ誘ってやっと食ってくるんですね。

とても参考になりました。

ハンドメイドスピナーベイトCambia 販売しています。

Cambiaの詳細についてはこちらをご確認下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。