23カルカッタコンクエストBFS(シマノ)。29ミリスプールの立ち上がりの良さでピンスポットに投げ込みたい。

2023年のシマノの新商品の発表がありましたね。

いろいろな商品が出てきてワクワクします。

個人的に欲しいと思ったのは23カルカッタコンクエストBFSです。

出典:シマノ

現行のカルカッタコンクエストはパーミング側のスプールを受けるパーツが樹脂なのがあまり好みでは無いのですが、実際に使ってみると良いんですよコレが。

樹脂を使う事で確実に剛性は下がると思うのですが、体感では感じないくらい剛性感の塊のようなリールなんです。

ずっとカルカッタを使っているとその剛性感が当たり前になってくるのですが、たまにアルデバランBFSで大きめの魚を掛けるとリールがたわむ感覚があって、やっぱり剛性って必要だと感じるんですよね。

ベイトフィネスリールの軽いルアーへの対応力の高さはもう無くてはならないので、剛性の高いBFSって言ったらカルカッタコンクエストBFSしかないなって感じなんです。

29ミリスプールになって飛距離は出にくくなるのは仕方のない事なので、そこは私は気にしません。

そもそも飛距離が必要な所でベイトフィネスをやる場合は34ミリスプールが良いと前から考えてますから。

野池などの近距離のピンスポットに小さめのプラグなどを打ち込む釣りに最高に気持ち良さそうなリールですね。

ハンドメイドスピナーベイトCambia 販売しています。

Cambiaの詳細についてはこちらをご確認下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。