適度に「弱い」ノットにしませんか?

ノットはどのようなノットを使っていますか?

強いノット、早く結べるノットなど色々ありますのでそれぞれ使っているノットは違うと思います。

私はどんなノットを使っているかというとユニノットです。

なんだ普通のノットじゃん。となると思いますが色々なノットを試した結果トータルで考えるとユニノットが一番ベストだという答えになりました。

何が一番重要と考えるかの違いで選ぶノットは変わると思いますが私がユニノットになった経緯を書きたいと思います。

釣り場にラインを残したくない。

f:id:zarass:20190621122220j:image

最初は色々なノットを覚えるにしたがって結束強度が強いノットはどれだろう?といった所からノット選びは始まりました。

世間で強いと言われているパロマーノットやダブルクリンチノットを使い始めると確かに強く、根掛かりなどの時に切れる場合は結び目以外から切れる事も多かったです。

バスの口にルアーを残さずに済む可能性が高い強いノットが良いと考え、しばらくは強いノットを使っていました。

バスとのやり取り中に結び目では切れない

f:id:zarass:20190621122238j:image

何年も釣りをしているとバスがかかってからラインが切れる事は根ずれの時以外はほとんど無い事に気が付きました。

私が太いラインを使っている事も理由ですが、根ずれでしか切れないならノットの強さはバスの口にルアーを残す残さないには関係しないと気が付いたのです。

強度の強いノット意味ある?

f:id:zarass:20190621123034j:image

強いノットを使う意味はあるのか?と考えたらデメリットしかありませんでした。

一つ目は結ぶ時間がかかるノットが多い事。

二つ目は根掛かりした時にルアーの結び目で切れない事によって途中で切れてしまい、釣り場にラインを多く残してしまう事でした。

結ぶ時間がかかる事はトーナメンターでは無い私には大したデメリットではないので良いのですが、釣り場にラインを多く残してしまう事は出来る限り減らしたいと考えるようになりました。

そこで私が選んだのは適度に弱いノットを使い、根掛かりした時はルアーの結び目で切れるようにする事でした。

適度に弱いノットはユニノット

f:id:zarass:20190621122926j:image

私はバスのやり取りの時には切れず、根掛かりの時にはルアーの結び目から切れるノットを探し始めました。

クリンチノット、ハングマンズノット、漁師結び、完全結びなど試しましたが、適度な強度や結びやすさのバランスが良いのはユニノットでした。

ハングマンズノットと悩みましたが私の結び方ではハングマンズノットの方が若干強かったです。

バスにも環境にも良くするには

f:id:zarass:20190621123057j:image

ユニノットを使うようになって根掛かりした時には結び目で切れ、バスとのやり取りで結び目から切れない理想的な状態になりました。

ただこれは太いラインを使っている場合だけ成り立ちます。

バスの引きで結び目から切れてしまうような細いラインを使っている場合は、やはりバスの口にルアーが残りにくい事を優先して強いノットにするべきだと思います。

関東のスレているフィールドではやむを得ないと思いますが、私のホームの琵琶湖では太いラインでも釣れる魚がいます!

バスにも環境にもよい太いラインと弱いノット。

試してみてはいかがでしょうか。

最後のまでお読み頂きありがとうございます。