琵琶湖 釣行記録。スピンベイト はやっぱり良く釣れる。190623

琵琶湖の釣行記録です。

朝琵琶湖に着くと風が強く、ローライトな1日になりそう。

朝一はプラグでスタート

f:id:zarass:20190623051620j:image

前回はスタッガーのおかげでコンディションが良いバスが釣れたけど、プラグではアタリさえなかったので今日はプラグで釣りたいのでレアリスのスピンベイトでスタート。

最初はシャローエリアを手早くチェック。

2、3投に一回は生命感のある振動が手元に伝わってくる。今日はベイトがシャローにたくさんいるみたい!

適度な濁りもあってベイトもいる!これは巻き倒すしかないといった雰囲気に私だけでなく一緒に釣りしている友人もプラグを巻き巻き。

生命感たっぷりの雰囲気だと投げてて楽しい!

でも全然感たっぷりなのにアタリはさっぱり無し…

(良くありますよね…)

レンジを一段下げて取水塔へ

シャローエリアを一通り攻めましたが反応が無いので、レンジを一段下げて3mラインにある取水塔を打ち始めました。

ちょっと沖に出ただけで湖流がかなり強く真っ直ぐ投げたのに斜めから返ってくるスピンベイト 。

湖流の流れを考えて取水塔の際を通るように巻いていると明確なアタリ!

f:id:zarass:20190620181635j:image

体高のある綺麗な湖北らしい魚でした!

着水後5秒程カウントダウンしてから巻いたので1.5mから2mのレンジで食いました。

今年初のプラグで釣れた事に満足!

いつもスピンベイトに助けてもらっちゃってます。

釣れるルアーは常に補充

琵琶湖(特に湖北)では頼りになりますね。唯一の欠点といえば引っ掛かりやすいことかな。

シンキングでリップの無いプラグだから引っ掛かるのはしょうがないけど無くなったら困るという事でまたスピンベイト補充!

準備は完璧です!

f:id:zarass:20190620182445j:image

限定生産のアワビプレート入り!プレート入りのカラー大好きなんですよね。

話しは戻って取水塔を攻め始めてすぐに釣れたので今日はプラグで釣れる日だ!といった感じで仲間も含めてプラグを投げ続けるけどその後アタリは一切なし。

午後はスローダウンの釣り

投げ続けなければ釣れない事は分かってるんだけど午前中プラグを投げ続けて一回のアタリのみ。

サンデーアングラーの私としては魚が恋しくなってくる頃です。

午後はスローダウンして前回調子の良かったスタッガーをメインにロックエリアや取水塔を攻める。

今回も手が早くならないようなやスローにを心がけながら攻め続ける。

途中プラグを巻きたくなっても我慢してゆっくりゆっくり誘う。

が!しかし今日の琵琶湖は甘くなかった。スローダウンしても釣れない時は釣れないよね。

幸先良くスピンベイトで釣れたから活性が高いと勘違いしちゃったけど、どうも活性は低かったみたい。

1匹のみでしたけどいい日でした

ボウズにならなかっただけで良しとしよう!

1日楽しませてくれた琵琶湖に感謝!

また釣りに来るよ!

最後までお読み頂きありがとうございます。