スプリットショットはめちゃくちゃ釣れる。ラインの存在を消せる効果は大きいですね。

ほとんど使われる事が無くなったスプリットショットリグ。

でも昔に大流行しただけあってやっぱり釣れるリグなんです。

そのうちの1つの理由がラインの存在を消しやすい事。

ワームから30センチくらい離れた所にスプリットショットを付けるのでワーム付近のラインがボトムにベッタリ付いて存在を消してくれるんです。

ノーシンカーリグなどでもフロロカーボンラインを使って長い事待っていればラインがボトムに着きますが時間がかかり過ぎますからね。

それに流れがある場所ではラインが流されて上手くボトムにラインを置くことが難しくなります。

スプリットショットリグはフィネスなリグで最もラインの存在を消しやすいリグと言えます。

ちなみにオススメのスプリットショットはゴムが付いていてラインを傷付けにくいタイプ。

このYAMAWAのゴム張りガン玉はラインが傷つきにくいだけでなく、ズレにくいのでとても良いですよ。

ガン玉を開けば折れるまで何度も使えるのでコスパも良いです。

ゴム張りのスプリットショットってなかなか手に入らないんだよなぁと思いながらショップを見てたら、餌釣りのオモリコーナーにYAMAWAのガン玉を見つけてコレだ!と思い使ってみたら超良品のガン玉でした。

サイズは場所にもよりますが、流れが無い場所では5Bが1/16オンス(1.8g)程度なので使いやすいと思います。

多くの人がゲーリーグラブやスライダーワームを使って良い思いをしたスプリットショットリグを使ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

スパテラって現代版スライダーワームって感じですよね!

Cambiaの詳細についてはこちらから。PayPayフリマにて購入できます。