ザラスプークって改めて良いルアーだと思います。その1

皆さんの好きなルアーはどんなルアーですか?

私が最初に頭に浮かぶルアーはザラスプークです。

今回はザラスプークについて書いていきたいと思います。

スタイル

単純な棒です。先っぽが細くなっただけの棒です。

日本のルアーのようにウロコ柄や魚っぽい湾曲等は一切無しのシンプルな形状です。

フックの取付け方は定番のエイトカンではなくサーフェイスリグといった金物をネジで取付ける方法で付いています。

フックがボディに当たるのを防ぐ事が出来る取付け方で長くルアーを使って欲しいといったメーカーの気持ちが嬉しいですね!

f:id:zarass:20190605210632j:image

フック

大きめのフック1番が前後に一つづつ付いています。

針先が鈍く、カエシが大きいアメリカンなフックが純正です。

アメリカンなフックは折れにくく曲がりやすいフックが多く、ザラスプークもそのフックが付いています。

個人的にはフックは折れるフックよりも曲がるフックの方が釣れる可能性が高いと思っているので好きなのですが、針を研ぐのが面倒な方は要交換です。

f:id:zarass:20190605210650j:image

カラー

へドンの伝統的なカラーが揃っています。

現行モデルでも数多く多くカラーラインナップがありますが、過去のカラーやショップオリジナルカラーまで含めたらどれくらいあるのか不明なくらいあります。

個人的には名前で使わせてもらっているssカラーやxbw、nblカラーあたりが好きですね。

f:id:zarass:20190605210707j:image

ウエイト

3/4オンス21g(メーカー公表値)になります。大きめのボディの後方にウエイトボールが一つ入っているだけ!

シンプルな形状に重心が後方にあるため、風が強くてもぶっ飛びます!

f:id:zarass:20190605210715j:image

浮き角度

水面に対して30度くらいで浮きます。

ルアーの浮力に余裕があるのでフックサイズを大きくしたり、太軸のフックに変えても問題ありません!

アクション

ザラスプークの一番素晴らしい所がこのアクションです。ロッドティップを軽くちょんちょんするだけで軽快にドッグウォークしてくれます。

ドッグウォークするだけでなく首を振る際に頭で水面を叩いてくれるので同時に音と水しぶきを出して魚を誘います。

またルアーのボリュームがあるのでフロロカーボンラインを使っていてもアクション中に水の中に沈みこんでしまう事が少ないです。

せっかくトップウォーターを使っているのにバイトの瞬間が見えないのは寂しいですもんね!

個人的には常に水面に浮いている事は大切だと考えています。

その2に続きます。

最後までお読み頂きありがとうございます。