同じようで違う。オススメスナップ5選

ルアーの交換が素早く出来るスナップは便利ですよね。

スナップはルアーとラインを繋ぐ部品ですので品質が悪い物を使うと破損してしまい魚を逃がしたり、ルアーを無くしたりしてしまいます。

今回は私が使いやすい、強度も問題無しと思うスナップをご紹介します。

ロウ付けスナップ(日本の部品屋)

出典:日本の部品屋

私が使いやすさと強度のバランスが一番良いと考えているスナップです。

通常のルアーからビックベイトまで違和感無く使える唯一のスナップだと思っています。

端部をロウ付けする事により強度のアップだけでなくゴミ等が引っかかる事が減り使い心地が良いです。

単価は高いですが無くしてしまうまで使っても壊れる心配がありませんので結果的には安くつく事も多いです。

created by Rinker
日本の部品屋
¥2,024 (2019/10/15 13:39:06時点 Amazon調べ-詳細)

耐力スナップ(カルティバ)

出典:カルティバ

私が使いやすさでは一番と感じているスナップです。

スナップを外した時に大きく開いてくれるので、ルアーのアイに付ける時にわざわざスナップを広げる事をしなくても良いです。

またスナップの引っ掛ける部分が小さいのでゴミが引っかかりにくく、スナップを付けにくいルアーでも付けやすいです。

悪い所は何度も使っていると溶接部分が外れてしまうことです。

1日使い捨てで使うのであればベストなスナップだと思います。

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥241 (2019/10/14 23:18:04時点 Amazon調べ-詳細)

ファイターズスナップ(マリア)

出典:マリア

左右対称でバランスが良く、強度も高い、ルアーも取付けやすいといった万能スナップです。

今まで使ってきたスナップの中でもとても使いやすいスナップなのですが何故か人気が無いようです。

人気が無いことであまり売られていなく購入する事が出来ない事がデメリットでしたが、最近はまた見かけるようになってきました。

私はアマゾンで注文から4ヶ月待たされた事がありますので買いやすい今がチャンスだと思います。

Dスナップライト(ダイワ)

出典:ダイワ

非常にベーシックなスナップです。

開いた時にスナップの開く角度が少ないのでわざわざ開かなければならない事がデメリットです。

単価はバリューパックを購入すればかなり安いのが大きなメリットです。

1日使い捨てで使っても痛くない単価なのでコスト優先で野池などでは良く使っています。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥539 (2019/10/14 23:18:04時点 Amazon調べ-詳細)

エッグスナップ(デコイ)

出典:デコイ

クロススナップはデコイのエッグスナップを使っています。

クロススナップは強度がある代わりに開閉がしにくい物も多いのですがエッグスナップは適度に細軸で開閉がしやすいです。

スナップが勝手に開いてしまう心配が少ないので琵琶湖で大物を狙っている時や、大きめのルアーを使う時に使用しています。

created by Rinker
カツイチ(KATSUICHI)
¥221 (2019/10/14 23:18:05時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

軽視してしまいがちなスナップですが私はフック、ラインに並んで大切な物だと考えています。

今回紹介した物は間違いないとオススメできる商品です。

コストを考えなければロウ付けスナップ。

使いやすさは耐力スナップ。

コスト、使いやすさ、強度のバランスのファイターズスナップ。

コスト優先で品質も良いDスナップライト

クロススナップならエッグスナップ

これが私の今のところの結論です。

参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です