暑い季節にはノイジープラグが最高

すっかりトップウォータープラグの人気者になったクローラーベイト。

ゆっくり巻くだけで良く釣れるので人気があるのも分かります。

ただ釣るだけなら今でもレギュラーサイズのノイジープラグの方が良く釣れると思っているのは私だけでしょうか。

特に今みたいな暑い時期の朝マヅメと夕マヅメ以外はの時間帯はノイジープラグが最強のトップウォーターだと思っています。

暑くてたまらない時間帯のシェードをゆっくり巻くだけでいい釣りをさせてもらいました。

今回はメジャー過ぎるルアーですが、私が使い込んだノイジープラグを見ていきます。

ビッグバド(ヘドン)

まずはヘドンのビッグバド。

一時期凄い人気がありましたが最近は落ち着いてきましたね。

このルアーの爆発力は凄いものがあると思います。

シェードはもちろんウィードのエッジや杭などではビッグバドが良く釣れる印象です。

エイトカンモデルとヒートンモデルがありますが、私はエイトカンモデルのテールブレードだけをヒートンにチューニングしたものが好きです。

ただ単にずっと使っていまモデルだから好きという理由です。

クレイジークローラー5/8オンス(ヘドン)

二つ目は同じくヘドンのクレイジークローラーです。

クレイジークローラーは泳ぎ出しが悪い物があると言われていますが羽の付け根にネジを入れて羽が閉まりすぎないようにすると完璧に泳ぐようになりますよ。

これは凄いチューニングだと思って、ずっとこっそり内緒にしていたのですがデプスのNZクローラーを見た時にやっぱり同じ事を考える人がいるもんだなぁと思ったもんです。

クレイジークローラーは虫みたいにチョコチョコ動かすみたいな使い方も使えますが、私はただ巻きだけです。

シェードや護岸際をゆっくり引くのが良く釣れますね。

created by Rinker
ヘドン(HEDDON)
¥1,674 (2019/09/19 14:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

ジッターバグ5/8オンス(アーボガスト)

出典:アーボガスト

三つ目はアーボガストのジッターバグ。

このルアーは真夏の正午くらいのシェードですね。

入れ食いだった昔の八郎潟でも真夏の正午になると流石にトップは厳しかったのですがジッターバグは釣れ続けました。

当時大人気だったポップXを友人が投げていたのですが、ジッターバグの圧勝。暑い時にはノイジープラグが最強だと確信しましたね。

残念な事に今はどこのフィールドでも真夏の正午にトップは厳しくなってしまいましたが本質は変わらないと思います。

created by Rinker
アーボガスト(ARBOGAST)
¥1,480 (2019/09/19 14:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ビッククローラーベイトを躊躇なく投げられるようになった今なら普通のノイジープラグは受け入れられるのではないでしょうか。

前は昼にノイジープラグを投げていたら視線が痛かったですけどね。

投げてみると案外釣れるノイジープラグを暑い今だからこそ投げてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です