ドラグサウンドシステムを16アンタレスDCに導入。ビスの頭の形状の違いに苦労しました。

以前16メタニウムmglにドラグサウンドシステムを導入する方法をご紹介しましたが今回は16アンタレスDCに導入しました。

ドラグサウンドシステムを16メタニウムmglに設置する方法

結果として16アンタレスDCにもドラグサウンドシステムを問題なく導入出来たのでご紹介したいと思います。

どのように導入するのか

16アンタレスDCも16メタニウムmglと同様に17エクスセンスDCのパーツを利用してドラグサウンドシステムを導入します。

カルカッタコンクエストBFSのパーツを使っても可能かと推測しますがドラグ力が落ちてしまうので17エクスセンスDCのパーツを使った方が良いですね。

必要なパーツ

出典:シマノ、17エクスセンスDC部品表

まず下記の6つのパーツを準備して下さい。パーツは釣具店で取り寄せる事が出来ますよ。

32番:スタードラグ板 650円

33番:スタードラグ座金 850円

34番:ドラグ音出シラチェット 350円

35番:ドラグ音出シピン 250円

36番:ドラグ音出シバネ 150円

37番:ドラグバネホルダー 150円

この6つのパーツを購入して以下のパーツと交換して下さい。

出典:シマノ 16アンタレスDC部品表

145番:スタードラグ板 250円

146番:スタードラグ座金 450円

この2つのパーツを取り除いて17エクスセンスDCのパーツと交換すれば16メタニウムmglと同様にドラグサウンドシステムを導入出来るはずでした。

でもパーツを交換すると本体Aがどうしても上手く閉まらない。困った。

26番のネジの交換が必要でした。

17エクスセンスDCは16アンタレスDCがベースなので上手く交換出来ないはずがないと部品表を見比べた結果、ネジの頭の形状が違う事が判明。

出典:シマノ 16アンタレスDC部品表

まずはアンタレスの方の26番が「固定ボルト ナベ」になっているのに対して

出典:シマノ 17エクスセンスDC部品表

エクスセンスの方は「固定ボルト テイトウ」になっていました。

これか!と閃いて交換してみると見事に収まりました!

ネジの頭の形状が違ってエクスセンスの方のテイトウのネジの方が1mmくらい高さが低いんです。

まさかネジの頭の形状で収まるかどうかが決まっているとは思わなかったので苦労しました。

なので16アンタレスDCのドラグサウンドシステム導入に必要なパーツはメタニウムmglよりも一つ多い7つのパーツが必要です。

パーツを組み込む為にドライブギアに穴を開ける

ドライブギアに穴を開けるのはメタニウムmglと同様です。

ただアンタレスはドライブギアがブラスなので超々ジュラルミンのメタニウムmglよりかなり大変です。

やってみるとブラスギアの方が耐久性が高い事が良く分かりますよ。私がブラスギア好きになった一つの理由です。

created by Rinker
PROXXON(プロクソン)
¥7,700 (2020/07/13 06:13:19時点 Amazon調べ-詳細)

ブラスギアに穴を開けるのはルーターが無いと相当大変だと思います….

組み込み

ここまでくれば後は組み込むだけです。

ドラグ音出しラチェットにグリスを塗らない事がポイントですよ。

まとめ

一度ベイトリールでもドラグ音を出したやり取りをすると音無しでドラグが出ていく事が物足りなくなってしまいました。

16アンタレスDCも問題無く導入出来ますが26番のネジの存在に気付くまで苦労しました。

皆さんもドラグサウンドシステムを導入してドラグを使ったやり取りを始めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

(パーツの変更及び改造は自己責任でよろしくお願いします。)

created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥59,054 (2020/07/13 02:09:00時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です