ラトルトラップ(ビルルイス)インプレ。世界で一番売れたルアー。バイブレーションの名作ですね

それぞれ違うジャンルのルアーで最初に釣ったルアーは記憶に残りますよね。

私が初めて釣ったバイブレーションはビルルイスのラトルトラップでした。

今でもその時の光景が思い浮かびます。

最近は中古でしか見る事がなくなってしまいましたが良く釣れるバイブレーションだと思います。

デザイン

シンプルですがカッコいいデザインだと思います。

側面は思い切り良くフラットになっていてフラッシングのみを求めたようなデザインですね。

ヘッドの部分もスパッとフラットになっています。

アイの付け根にスキマがあるのはご愛嬌。

ラトルトラップではたまにありますね。

浸水する事もありますがその時はアロンアルファで止水しています。

サイズ・ウエイト

良く使われるサイズは1/4オンス、1/2オンス、3/4オンスのモデルだと思います。

私が一番良く使うのは1/2オンスのモデルです。

写真のも1/2オンスですがキャスティングのしやすさ、巻き抵抗の強さなどバランスが良いのは1/2オンスですね。

野池などの小規模な場所では1/4オンスのモデルを使っています。

ラトル音

日本のバイブレーションはラトル音にもこだわっていてゴトゴト音とかブラスのジャラジャラ音とか色々な音質がありますが、ラトルトラップは日本で入手しやすいのはノーマル一種類のみですね。

ノーマルの音は一般的なジャラジャラ音です。

ブラスとかの高い音ではなく鉛の玉がジャラジャラ動いている音といえばイメージ出来ますでしょうか。

ワンノッカータイプやサイレントタイプもあるようですが私は見た事がありません。

アクション

アクションは細かいウォブリングの動きです。

立ち上がりも良好で巻き始めから良く動いています。

立ち上がりが良好なのでリフト&フォールでも良く釣れますよ。

スイミング姿勢はバイブレーションの中では水平姿勢に近い泳ぎ方をしているように感じます。

ラトル代わりのウエイトが占める割合が大きいので後方重心なのが影響していそうです。

昔はスイミング姿勢なんて気にもしていませんでしたが、この水平姿勢が良く釣れるポイントなのかもしれません。

まとめ

今となっては突出して何かが優れているわけではないと思うのですが、それでも良く釣れるラトルトラップ。

たしか世界で一番売れたルアーだったと思います。

アメリカのアングラーのボックスには必ずラトルトラップが入っていると言われてますね。

日本では日本製の優秀なバイブレーションが発売されている事であまり見かけなくなりましたが良いルアーなので一度使ってみてもらいたいです。

シンプルなカッコ良さと釣果できっと好きになると思いますよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です