ジャックハンマー(エバーグリーン)インプレ。バランスの取れたオススメチャターベイト

チャターベイトが出始めた頃はチドるから釣れるのかと思っていましたが特にチドらなくても良く釣れるルアーですね。

今ではチドるとかは全く考えずに水面直下から中層をテンポよく誘うルアーだと考えています。

今回はチャターベイトで使いやすいと感じているジャックハンマーについて見ていきます。

デザイン

パッと見は綺麗に仕上げられているなぁと感じた程度ですが良く考えられたデザインが何個もあります。

出典:エバーグリーン

一つ目がブレードとのつなぎ目のアイ。

ヘッドに切れ込みを作ってそこにアイを入れ込む事によって引っ掛かりが無くなるようにデザインされています。

出典:エバーグリーン

次はトレーラーを瞬間接着剤で固定するための接着シロ。

トレーラーをほぼ100%付けるチャターなので瞬間接着剤で固定することを想定されている事は良いですね。

ただospのペグで止められるシステムの方が画期的かなとは思います。

ラバースカートもパッケージから出した状態からフレアしていて品質が良いです。

サイズ

出典:エバーグリーン

サイズは3/8オンスから1.2オンスの4種類のラインナップです。

私は浅いレンジで使うので1/2オンスまでしか使った事はありませんが1.2オンスを使ったディープの釣りに可能性も感じます。

ディープの漁礁にいるような魚はチャターを見た事が無さそうですよね。

フック

フックは5/0クラスのフックが付いています。

軸の太さは普通ですね。写真で見ると細軸に見えますがフック自体の大きさがあるので問題無い太さだと思います。

チューニング

直結の場合は良いのですがリーダーなどがあってスナップを使いたい場合がありますよね。

私はライギョで使う場合にスナップを使うので元から付いているスナップを外してスプリットリングを付けています。

スナップ+スナップだと絡んで取れてしまう事があるのでオススメのチューニングです。

デメリットは泳ぎ出しが悪くなる事。

繊細に作られているようでスプリットリングに変えると泳ぎ始めるまで時間が掛かる事があります。

カラー

出典:エバーグリーン

カラーは豊富な18色のラインナップです。

これだけ揃っていればどんな水質でも合わせられますね。

アクション

動きは削岩機(ジャックハンマー)の名前通り小気味良い振動を伝えてくれます。

(最初ジャックハンマーの名前は削岩機では無くて、盛三さんが刃牙を好きなのかと思っていました…)

ブレードとウエイト、ヘッド形状などのバランスが良いのでしょうね。レンジもキープしやすいです。

ただ巻くだけだと直線的に来ますが、軽くトゥイッチするとバランスを崩すので念入りに調整されていると感じます。(このあたりはスプリットリングに変更するとバランスが崩れてしまうので注意!それくらい繊細なセッティングです。)

まとめ

チャターは振動が良く伝わってくるので集中力が持続しやすくて好きです。

私は表層から中層でしか使っていませんがディープにも可能性がありそうでまだまだ使い道があるルアーだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です