スーパースポットC25(コットンコーデル)インプレ。スローシンキングはシャローで使いやすい

ルアーにラトルが入れられるきっかけとなったと言われるルアーはいくつかあるようですが、スーパースポットもその一つだったはず。

間違いでウエイトが小さい物を入れてしまった事がきっかけで音が鳴って、それが良く釣れたのが始まりだったと記憶しています。

それくらい昔から変わらないまま今でも人気があるルアーですね。

デザイン

ラトルトラップの様なフィンも無ければ、当然リップも無いとてもシンプルなデザインです。

狙ったのかたまたまなのかは分かりませんがボディのサイドは真っ平では無く微妙な曲線が入っていて良い感じです。

複雑なフラッシングを出してくれそうですね。

サイズ・ウエイト

全長は訳7.5センチ、ウエイトは1/2オンスになります。

スローシンキングなので大きさの割には軽めですね。

軽めとはいえ抵抗の少ないボディ形状で1/2オンスなので飛びにくい事はありません。

フック

フックは前後共に4番が付いています。

私はバイブレーションを良くダブルフックに変えますがダブルフックに変える場合は2番がちょうど良いと思います。

フッ素コートされたダブルフックは使っているうちに外れてしまう事が多いので写真のようにスプリットリングを付けると外れるのを防止出来ます。

スローシンキングなスポットをダブルフックに変えるとかなり引っ掛からないのでオススメです。

カラー

出典:サバン

スーパースポットの代表的なカラーはクロームカラーですね。

スポットのクロームは鏡のような鏡面でフラッシングが強いカラーです。

出典:サバン

ホットタイガーはどんなルアーでも良く釣れるカラーだと思います。

アメリカンルアーでは必ず用意されているカラーですね。

スポットでもちゃんと用意されています。

出典:サバン

赤のバイブレーションは外せないですね。

春はやっぱり赤のルアーを巻きたくなります。

レッドクローのアイはやっぱり真っ黒が好き。

アクション

スポットの動きはバイブレーションの中ではワイドなアクションです。

ハイアピールなバイブレーションだと思います。

スローシンキングなのでリフト&フォールをするよりも、ファーストシンキングのバイブレーションでは引っ掛かってしまう場所で早巻きをするのが適していると思います。

スローシンキングのバイブレーションはほとんど種類がありませんが浅い場所ではとても使いやすいです。

まとめ

バイブレーションの中でも歴史の長いスーパースポット。

今でも変わらずに作られているという事は、アメリカのトーナメントでもスローシンキングが活躍する場面があるんでしょうね。

一度浅い場所で使ってみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です