マスキージッターバグ(アーボガスト)インプレ。大きくなってもレスポンス良好

羽根モノはマスキーサイズが許容されるのにジタバグはなかなか許容されないみたいですね。

もともとはマスキージッターバグの方がメジャーだったと思いますがあっという間に抜かされて、大きい羽根モノはビッグクローラーベイトという新しいジャンルを築いてます。

でもそのうちマスキージッターバグが羽根モノみたいに流行るんじゃないかと思ってるんですよね。

今回はマスキージッターバグをご紹介します。

(今はXLジッターバグという名前みたいですが慣れた名前のマスキージッターバグで書きます!)

デザイン

ジッターバグのカップは特許を取っただけあって優秀ですね。

どんなサイズの物を作っても非常に良く動きます。

ジッターバグのオリジナルのタマゴ型のボディをそのまま大きくしたのではなく、長くしたボディ形状をしています。

そしてこの大きなボディを動かす為のカップも大きいです。

この大きなカップが水を受けて動くんですからハイアピールですよね。

サイズ・ウエイト

全長は約11.5センチ、ウエイトは30gです。

ボディの大きさから考えると軽めのウエイトになっています。

ロッドパワーはMHであれば投げられますね。

特別なロッドを準備しなくても投げられるので使いやすいです。

フック

このサイズのルアーだとフックは3本欲しいところですね。

確かに3本付いているのですがフロントフック2本が横に付いています。

個人的にはカップギリギリに一つ、真ん中に一つの方が乗りが良い気がするのですが。

一度チューニングしてみましたが弾かれて乗らなかったので横フックスタイルの方が良いのかもしれません。

カラー

私のマスキージッターバグはメガバスが一時期メガバスカラーとして発売していたカラーです。

メガバスだけあって綺麗なカラーだったので購入しました。

もちろん通常のカラーはラインナップされていて、フロッグカラーやレッドヘッド、コーチドッグなどジッターバグと同じカラーラインナップがあります。

オリジナルカラーも良いですがコラボカラーもそそられますよね。

アクション

ただ大きいだけでは無いのがマスキージッターバグ。

巻き始めるとジッターバグらしいカポカポ音をたてながらしっかり首を振ります。

ノーマルサイズよりはピッチは大きくなりますが、その分水の掻き分け方は迫力を増します。

ルアーを始めた頃は全然釣れる気がしなかったですね。

地元で良く見たヌートリアの子供が泳いでいるイメージでした。これに食いにくるのならヌートリアも食われるよねって感じです。

でも実際食いにくるのでヌートリアも食われているのかもしれませんね。

まとめ

次はマスキージッターバグが流行ると勝手に想像していますが流行っても全然おかしく無いくらい出来は良いです。

トップが好きな人はけっこう使っているみたいですしね。

今ではそこまで高くありませんが流行ったら値段上がるかも。今買っておくのが正解かもしれませんよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です