リアクションボム(クオン)インプレ。ストンと落ちるのでリズムが取りやすい

メタルバイブはリフト&フォールでボトムを攻める事が多いのでどうしても無くす事が多いです。

無くす事が多くても安ければまだ良いのですが、良いと思うルアーはなかなかの値段の物が多いです。

今回ご紹介するリアクションボムは作り込みや使用感で不満はありませんが、セールで安く売られている事が多くお買い得です。

デザイン

タマゴ型の形状で頭の部分にはウエイトが集中している典型的なメタルバイブの形状ですね。

リアクションボムの特徴はやっぱりアイが普通の目をしていない事かな。

虫っぽいアイですね。

虫だと思うとちょっと嫌だなと感じちゃいますが、全体的に見ると違和感無くなってきます。

仕上げは綺麗な仕上げです。

サイズ展開

リアクションボムはサイズ展開が豊富です。

5g、7g、9g、11g、14gと2〜3g毎にウエイトがありますのでスピニングからベイトまで使いやすいウエイトが選べます。

またウエイトによってはスナップを付ける穴が3つだったり2つだったりします。

ウエイト毎にちゃんとテストされて調整されているのが分かりますね。

個人的にはリフト&フォールでしか使わないので、ダイナレスポンスのようにここがベストという穴一つにして欲しいですが、巻きで使う人もいるでしょうから何個か空いているんでしょうね。

カラー

出典:クオン

カラーはこんなにいる?と思うくらい充実のラインナップです。

右と左で違う色という面白いカラーもあります。

しゃくって見える色が変わるというのは面白そうですよね。リアクションのきっかけになる気がします。

フックはダブルで太軸

個人的にポイントが高いのが付いているフックが割と太軸な事。

メタルバイブは細軸が付いている事が多いですが使うタックルの強さを考えると不安になります。

リアクションボムは割と太軸なのでフックが伸びそうという不安は感じません。

アクション

メタルバイブは薄いボディなのでヒラヒラとフォールする事も多いですがリアクションボムはストンと落ちる事が多いです。

ヒラヒラした動きが良い事もあるでしょうから、どちらが良いという訳ではありませんがしゃくりのリズムが取りやすいのはストンと落ちる方ですね。

ほぼ真下にストンと落ちるので根掛かりも、エビる事も少ないように感じています。

しゃくった時のレスポンスも悪くないです。

まとめ

ジャクソン(クオン)は実は良いルアーが多いメーカーです。

リアクションボムも使いやすいと感じるメタルバイブですね。

定価も少し安めですがセールで安く売られている事が多くて助かってます。

安いだけのルアーは魅力が無くて使いたくないですが、しっかり作ってあって安いんだから買いですよね。

メタルバイブのバリエーションに入れてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です