デカダンス・フィー(クワイエットファンク)インプレ。とても優秀なクレイジークローラー

高校生まではライギョばかりやっていたのですが水路で狙う時に良く釣れたトップウォーターはノイジープラグでした。

羽モノはずっとクレイジークローラーを使っていたのでデカダンスを使った時のピッチの早さに最初は驚きました。

それこそ1.5倍くらいのピッチの速さでは?と感じます。

どちらが良いという訳ではありませんがクレイジークローラーとデカダンスはちょっと違うジャンルとして考えた方が良いのかもしれませんね。

デザイン

デカダンスはトーイとフィーがありますがこの角度からみたデザインは同じじゃないかな。

細かく見ると違うのかもしれませんがほぼ同じです。

はっきりと違うのはフロントフックがツーピースリグ(合ってますか?)になっている事。

フックの交換はこの上なく面倒臭いですが雰囲気抜群で大好きです。

トップウォータープラグはこのようなこだわりが大切ですよね。

シルエットはドストレートのセミのデザイン。

どの角度から見ても違うシルエットなのがクレイジークローラーとは違うなと思います。

ヘドンは釣るために必要なデザインしかしませんからね。

サイズ・ウエイト

全長は約6.5センチ、ウエイトは5/8オンスです。

クレイジークローラーと同じ感覚で使えます。

それにしてもこの羽のシステムを考えた人は天才ですね。

投げる時は閉まって風の抵抗を減らして、巻き始めたら開いて水を受ける。

画期的すぎる!クランクのリップとかでも同じような事考えた人いそうですよね。今そういったルアーが無いという事は上手くいかなかったんでしょうけど。

フック

フックは前後共に2番フックが付いています。

クレイジークローラーもそうですが羽モノをダブルフックに変えるとフッキングが著しく悪くなると感じています。

何故かジッターバグは悪くならないんですけどね。

私は嫌になるくらいフッキングが悪くなった経験があるのでデカダンスやクレイジークローラーはダブルフックにはしません。

ダブルフックでやけにフッキングが悪いなぁと感じる人がいたらトレブルフックに戻す事をオススメします。

デカダンストーイとは何が違う?

クワイエットファンクは現在では珍しく発泡素材をボディ素材に採用しているメーカーです。

商品名にトーイと付いているものはボディが発泡素材の物になります。

今回のようにフィーと付いている物はボディがプラスチックの物です。またそこに透明のプラスチックと比重が透明よりちょっと軽いボーン素材の物があります。

デカダンスはトーイの方が動きが軽快で良いとよく聞きますが確かにトーイの方が軽快だと思います。

でもフィーでも十分軽快だと私は思ってます。

強度は明らかにフィーの方が強い事から私はフィーを使う事が多いです。

扱い方が雑なのでトーイだとすぐにボコボコ傷がついちゃうんですよね。

岸際などの硬いストラクチャーを攻める場合はフィー。それ以外はトーイといった感じです。

アクション

羽モノはクレイジークローラーのようなリズミカルな動きとダッジのようなヨタヨタした動きがありますが、デカダンスははっきりとリズミカルな動きです。

羽モノの中でもトップクラスにピッチが早いリズミカルな動きですね。

デカダンス>クレイジークローラー>>ダッジ系

といった感じかな。

どの動きが良く釣れるのかは状況によって変わるでしょうから結局全部必要という結論になってしまいますね。

デカダンスはずっと人気があるだけあって動き出しの良さやレスポンスはとても良いです。

クレイジークローラーのようにチューニングしないと泳ぎ出しが悪いなんて事は無いので買ってすぐに使えます。

まとめ

クワイエットファンクはトップウォータープラグとしての魅力を持ちながら良く釣れるルアーを出しているメーカーですね。

みんなが使って良く釣れているからずっと残っているんだと思います。

決して安いルアーではありませんが買う価値は十分にあるルアーだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です