KIT(ペイフォワード)。北大祐さんが開発したスピナーベイトが気になる!

以前から開発している事が言われていたペイフォワードのスピナーベイトが完成間近のようです。

メーカーの垣根無くハードベイトを使い分ける北さんの開発するスピナーベイトはとても気になります。

動画で紹介されていた内容をまとめてみました。

名前はKIT

出典:LureNews

ペイフォワードから初めて発売されるスピナーベイトの名前は「KIT」という名前になったそうです。

北さんにとって欠かせない「道具」という意味と北をローマ字にした「KITA」から名付けたとの事。

自分の名前を付けるくらいなので自信作っぽいですね!

サイズ・ブレードタイプ

出典:LureNews

発売になるウエイトは3/8オンスと1/2オンスの2種類です。

それぞれにダブルウィローとタンデムウィローが用意されますので合計4タイプになりますね。

またサイズ感ですが最近多いコンパクトスピナーベイトではなくノーマルサイズです。

映像で見る限りだとクリスタルSくらいかなと思います。

今となっては大きめと言えるサイズのスピナーベイトを出す辺りが北さんらしいと思います。

ブレードに新しいアイデア

出典:LureNews

スピナーベイトはブレードが回っている状態が魚にとって魅力的な状態。

なのでブレードが回らない状態を極力無くす為のアイデアとしてブレードの穴が三角形になっています。

これによりスプリットリングとの接点が1箇所に限定され遊びが無くなる事でブレードの回り始めが早く出来たようです。

ルアーを使い込んでいる人がだからこそ気付いたポイントですね。

私ではブレードの穴が丸だと回り始めにタイムラグがあった事に気付いてすらいません(汗)

ワイヤーの太さ

出典:LureNews

こだわりはアームの太さにもあります。

スピナーベイトはアームとブレードが命なのでどこのメーカーもこだわっていると思いますがウエイト毎にアームの線径を変えているメーカーはあるでしょうか。

KITは3/8オンスは0.9ミリ、1/2オンスは1.0ミリのアームを採用しているようです。

0.1ミリを求めるあたりこだわりが強いですね。

アッパーアームの長さも違う

出典:LureNews

ダブルウィローとタンデムウィローでアッパーアームの長さが3ミリ違うようです。

ダブルウィローの方が3ミリ長いです。

ダブルウィローの方が長い理由はブレードとブレードが干渉しない為に長くされているようです。

じゃあどっちも長くしておけば問題無いんじゃない?って思いますよね。

アッパーアームが長いとバスが食う時に邪魔をしてブッキングしない事があるようなんです。

これは青木大介さんもDスパイカーの時に同じ事を言われていました。

タンデムウィローはブレードとブレードが当たりにくいので最適な長さに調整。

流石です。

アッパーアームを曲げている理由が北さんらしい

出典:LureNews

スピナーベイトのアッパーアームが曲げられている事が良くあります。

ほとんどのメーカーさんが曲げている理由に立ち泳ぎを減らす為と説明されていると思います。

実際に曲げる事で立ち泳ぎは減りますし、水平姿勢は良い事だと思っています。

ただ北さんはアッパーアームを曲げた事の理由に水平姿勢の為という言葉は出てきませんでした。

北さんがアッパーアームを曲げた理由はフッキングの為。

ルアーが立ち泳ぎするとフックが向いている方向とラインとの角度がつきすぎてしまってフッキングパワーにロスがあるとの事なのです。

それを減らす為にアッパーアームを曲げて立ち泳ぎを緩和されているのと事。

なるほど!と感じる理由に流石だな。と思いました。

スカートはきしめんタイプ

出典:LureNews

スカートは幅が広めのタイプを装着しているようです。

昔のアメリカンスピナーベイトに良く付いていた幅広のラバースカートって本当に良く動きましたもんね。その代わりすぐにベタベタになりましたけど。

幅広のスカートが付いていることで良く動くスカートになっていそうです。

まとめ

北さんのこだわりが詰まっているスピナーベイトのKIT。

スピナーベイトが好きな人は気になるルアーではないでしょうか。

発売は2020年5月末から6月初旬になるようです。

今年注目のルアーですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です