Channa(モンスターキス)インプレ。モンスターキスらしく頑丈で、フック交換可能なコンパクトスピナーベイト

アジアで遊ぶには小さいスピナーベイトがあった方が良いと小塚さんが言い続けているようです。

小さめのスピナーベイトは色々な魚を狙う時に万能なのだそう。

ただ海外の大型魚を狙う場合に日本で売っているコンパクトスピナーベイトだと強度が弱そうですよね。

そしてルアーを多く持っていけない遠征にではフックを変える事が出来ない事がデメリットのようです。

そういったデメリットが分かってるんだから解消した物を作ろうという事で作られたスピナーベイトが今回ご紹介するChannaです。

デザイン

コンパクトで頑丈なスピナーベイトって確かに今まで無かったですよね。

写真で見てもらっても分かる通りコンパクトです。大きさのイメージとしてはSRミニとかハイピッチャーくらいの大きさです。

私が購入したサイズはMサイズなのですがアームの線径は1.0ミリ。

1.0ミリはデプスのBカスタムと同じ太さです。

50アップを抜き上げても変形しにくいBカスタムと同じという事で強い事がイメージ出来ますよね。

さらにアイの部分はクローズドアイ。

私はクローズドアイが変形しにくいので好きです。

海外の遠征だとPE+リーダー+スナップの釣りでしょうからクローズドアイの方が明らかにメリットが多いのだと思います。

フック交換可能

Channaはフック交換が可能です。

スピナーベイトが使えなくなるのはアームが折れるかフックが鈍くなって交換だと思います。

アームは線径を太くすれば耐久性が上がりますがフック交換は無理なんだろうなと思ってました。

それを可能にしたのが収縮チューブで半固定する事。

フックを触ると分かるのですが、触ると動きます。そして離すとチューブの弾力で元の位置に戻る感じです。

まだ交換していないので見てはいないのですが、触った感覚だとスピナーベイトの方にもスプリットリングを取り付けるアイがあって、本体とフックをスプリットリングで取り付けています。

フックを半固定にする事のメリット

出典:モンスターキス

フックが半固定になる事のメリットがあります。

通常スピナーベイトはフックが固定されているので魚が首を振った時に追従してくれないのですが、半固定の場合は写真のように曲がったりねじれたりして追従してくれます。

追従する事で魚がバレにくくなり、壊れる事も少なくなります。

またフッキング時にはフックポイントが必ず支点となっている箇所を向きますので貫通力が増します。

フックが可動出来る事のメリットは多いですね。

完全にフリーにしてしまうと障害物に引っ掛かりやすくなってしまいますが、魚が掛かった時以外は半固定されているので固定と同等です。

半固定システム。理にかなっているシステムだと思います。

フットボールジグとかでもフック半固定システムを導入すればバレにくい良いジグが出来そうだなぁと想像しています。

ここが残念

個人的に残念だと思っているのがアームとブレードの接続回り。

ボールベアリングスイベルでは無く普通のスイベルなんです。

普通に使っている分には回転性能の違いなんてほとんど無い事は分かっているのですが所有感が残念な事はあると思います。

また普通のスイベルをアームと接続を直接付けてある事でアーム端部の溶接がされていないです。

このアームの太さだと曲がって開いてしまう事もないのかなとも思いますが、端部は溶接+ボールベアリングスイベルが良かったです。

性能の問題ではなく所有感の問題ですね。

使って良く釣れたらどうでも良くなってしまいそうですけど。

カラー

出典:モンスターキス

カラーは定番のホワイトやチャートの他にカラフルなカラーが揃っています。

このような派手なカラーは個人的に大好きです。

売り切れで買えなかったですがビルブルーUVとか欲しかったです。

UVと入っているカラーは紫外線で発光するカラーです。

出典:モンスターキス

怪魚に効果的そう!

まとめ

出典:モンスターキス

釣りのスタイルはいろいろありますが、遠征+怪魚をやっている方の視点はやっぱり独創的ですね。

通常の釣りをやっていては見えてこない物が見えてくるのだと思います。

日本のトーナメントで活躍するようなルアーではないとは思いますが、各国で魚を獲るためには非常に有効なルアーなのだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です