X-80(メガバス)インプレ。体高のあるボディでバスもシーバスも良く釣れる

メガバスの黄金時代を支えたプラグの一つX-80。

20年たった今でも第一線で活躍し、売れ続けているルアーです。

もともとはバス用で開発されましたがシーバスにもとても有効だと分かり、今ではシーバスの方が多く使われていると思います。

魚種を問わず良く釣れるX-80について見ていきます。

デザイン

X-80が発売になった頃は体高があって側面がフラットに近くなっているミノーはほとんど無かったと思います。

今では良くある形状ですが当時は無かったんですよね。なのでX-80が出た時はメガバスらしい個性的なデザインだと思ったのを覚えています。

リップは極薄のリップが付いています。

リップは水を良く受ける為に丸く掘られているので横から見た厚さよりもさらに薄いです。

どんなルアーでもそうですがリップは薄い方がハイピッチに泳ぎますね。

サイズ・ウエイト

全長はほぼ80ミリでウエイトはトリックダーターが10g、SWが11gとなっています。

私は使った事がありませんがSWには14gもあるようです。

トリックダーダーはサスペンド、SWの11gはスローシンキング、14gはシンキングになります。

フックは前後共に6番が付いています。

シーバスにX-80が本当に効く

もともとはバス用に開発させたX-80ですが、シーバスに本当に良く効きます。

名古屋港のボートでナイトシーバスを釣るだけなら、必要なミノーはX-80とビーフリーズがあれば事足りると思っています。

2つのルアーばかり使ってたら面白く無くなっちゃうので他のルアーも使いますけどね。

ボートシーバスは何人かで同じポイントを攻めるので釣れるルアーと釣れにくいルアーの差がはっきりと出ます。

シーバスはバスと比べてはっきりとルアーによって釣果が違うんですよね。

何度もやっぱりX-80だな。と感じる場面がありました。

良く飛ぶ

出典:メガバス

X-80はメガバス得意の多目的重心移動システムが導入されています。

これにより10g程度のルアーの中では優秀な飛距離で飛んでくれます。

ライバルとも言えるビーフリーズに完全に勝っている所でもあります。

飛距離も出て、アクションも殺さないこのシステムはとても良いですね。

ここが辛い

飛距離も出て、良く動き、良く釣れるX-80の最大の弱点がリップが弱いことです。

良いアクションの為に薄いリップを採用しているのでぶつけると割れる事が多いんですよね。

今までかなりリップを割ってきました。多分10個くらいは割ったと思います。

良く釣れるし投げやすいのでシーバスの穴打ちでも使っていたのですが、殉職率が高すぎたので最近は穴打ちではビーフリーズを使う事が多くなりました。

ビーフリーズは飛距離はX-80に負けますがリップが丈夫なんですよね。

アクションはX-80とビーフリーズは同等だと思っています。

カラー

出典:メガバス

カラーはとっても多くあるのでSWのカラーだけ紹介します。

これだけたくさんカラーがありますが私がシーバスで使う時の基準はリアルなクローム系か、アピールのペイント系で選んでいます。

定番ですが明るいうちはクローム系、暗い時はペイント系が良い事がやっぱり多いと感じています。

アクション

アクションはハイピッチなウォブンロールアクションです。

ウォブリングとロールのどちらかが強い訳では無く上手いこと組み合わさった動きだと思います。

体高のあるボディのフラッシングが良く出ているのが動画でも分かりますね。

実際使ってみても良く分かると思います。

ただ巻きで良く動きますが、ジャークしても良くダートします。

ダートの質は水を押しながらダートするタイプです。水を切ってダートするタイプよりダート幅は狭いですがトルクのあるダートと言えると思います。

ちなみにトリックダーターとSWの動きは同じです。

まとめ

日本のミノーの中で名作中の名作だと思われるX-80。

無くなっては困るルアーなので長く作り続けてください。

けっこうな頻度でリップが割れて購入しているので廃盤になってしまってはすぐに予備が無くなってしまいそうですしね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
メガバス(Megabass)
¥2,589 (2020/11/24 23:27:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
メガバス(Megabass)
¥1,482 (2020/11/25 11:34:02時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です