コーゾースピン(viva)インプレ。スイベルをボディに内蔵。バイブレーションが直にボディへ伝わるスピンテール

数を釣るにはスピンテールが良いですね。

スピンテールはテールフックが付く場所にスイベルを付けてブレードが付いているケースがほとんどですが、スイベルの自由度が大きい事からブレードのバイブレーションを感じる事が出来にくいです。

それを解消しようと作られたのがvivaのコーゾースピンです。

デザイン

パッと見普通のテールスピンだと思いますよね。

よーくテールの部分を見ていくとスイベルとボディが一体になってます。

ボディに直接スイベルを付ける事でブレードの振動を伝えやすくする工夫です。

ルアーのアイはvivaらしいペイントアイ。

シールアイの方が今はコストが安いと思われますが、ペイントアイの雰囲気は好きです。

サイズ

サイズは全長20ミリ、ウエイト7.5gのワンサイズです。

スイベルがこのボディに合わせて特注のようですのでサイズ展開をしていくとコストが合わないのでしょうね。

私は野池でしか使わないので、ベイトでもスピニングでも投げられる現状のサイズのみで事足りてます。

カラー

出典:viva

サイズが一つなのに対してカラーはこんなに豊富です。

どのカラーも可愛らしくて子供に人気が出そう。

クマノミカラーがあるのが面白いですね。

フック

オススメのチューニングがフックをダブルフックに交換する事です。

通常はトレブルフックが付いてますがダブルに変更すると根掛かりがかなり減ります。

フッキングは悪くなる印象は無いですね。写真を見て貰えば分かると思いますがダブルフックでも針先は完全に出ています。

小さいボディなので口の中に入りやすいでしょうし、口の中に入っちゃえばダブルでも問題なくフッキングします。

アクション

アクションはスピンテール共通のテールのブレードが回る動きですが、ちょっと違うのはスイベル内蔵によってブレードの動きがボディにちゃんと伝わっている事。

動画を見てもらえればボディがバイブレーションしているのが分かりますよね。

ボディがバイブレーションする事によって巻き感もプルプルします。

バイブレーションプラグのようにブルブルじゃないですよ。

プルプルって程度です。ただスピンテールの中ではちゃんと手元に伝わるので好印象です。

まとめ

テールスピンはとっても良く釣れますが、巻き感が無くて残念なんですよね。

それをちょっとだけ改善したのがコーゾースピンです。

見た目は可愛らしいですがスピンテールとしての実力は高いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
コーモラン(CORMORAN)
¥1,100 (2020/09/18 20:57:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です