チマチマアライくん(ズイール)インプレ。ただ巻くだけで良く釣れる。野池で使いたいトップウォータープラグ

ズイールのルアーは未だに人気があると感じています。

中古で見かけてもけっこうな値段の事が多いですね。

特にアライくんシリーズは値段が高めですが納得の出来です。

可愛いだけでなく作りも丁寧で良く釣れる。廃盤なのが残念なルアーです。

今回はただ巻くだけで良く釣れるアライくんシリーズの中で最小サイズのチマチマアライくんをご紹介します。

デザイン

アライくんシリーズは3サイズありますが、ほぼそのままの比率で変わっているので写真ではどのアライくんなのかが分かりにくいです。

写真で分かりにくいくらいですので3サイズ共に可愛らしいデザインという事ですね。

この顔つきとジョイントのしっぽ。全てにおいて可愛いらしいデザインです。

そしてこのデザインは抜群のアクションを生み出すデザインでもあるのが素晴らしいです。

サイズ・ウエイト

全長はリップを除いて約7センチ、ウエイトは7gです。

アライくんもそうですが思ったより全長があるんですよね。

可愛らしさと全長の半分近くがシッポなのでもっと小さく感じます。

ウエイトは7gありますのでベイトタックルでも投げられますが、ベイトフィネスリールの方が快適に投げられます。

チューニング

アライくんシリーズは共通なのですが、着水時にシッポのヒートンが絡んで立ち上がりの動きが悪い事が稀に起こります。

私はそれを防止するためにシッポのヒートンにスプリットリングを付けています。

アクションは全く変わりませんし、立ち上がりが悪くなる事が無くなるのでオススメです。

せっかく良い所に入ったのに立ち上がりが悪いと残念ですからね。

アクション

チマチマアライくんは潜りそうなリップが付いていますが潜りません。

潜りたいのだけど潜れない感じで水面をクネクネ動きます。

このデザインとジョイントされたシッポがクネクネ動く動きが何とも可愛いアクションです。

ちょんちょん動かせば首振りもしますがアライくんはただ巻きが1番良いアクションだと思います。

ただ巻きで誘って、食いそうなポイントでは止めるという使い方がシンプルですが1番釣れる動かし方です。

まとめ

チマチマアライくんは名作アライくんの動きはそのままにサイズダウンしたルアーです。

野池で使うにはぴったりのサイズですね。

岸際をゆっくり巻いているだけで良い魚が出るので使ってみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です