S.O.D(ウィップラッシュファクトリー)インプレ。未だに完成度が高い優れたライギョフロッグ

ライギョで有名な新家さんがデザインしているウィップラッシュファクトリーのフロッグたち。

今でも人気がありますが発売された当時の人気は凄いものがありました。

ライギョ用のフロッグなのに手に入らなかったんです。

それこそ私の地元はライギョがたくさんいるのでメガバスやズイール並に手に入らないルアーでした。

そんな中運良く手に入れたS.O.Dは今使ってもめちゃくちゃ優秀なフロッグです。

F.O.Dみたいに復刻しないかなぁ。復刻したら一生分買います。

デザイン

とてもシンプルなのですが機能を追求した末に行き着いたデザインだと思います。

この後もいろいろなフロッグが出ていますがこの時代のウィップラッシュファクトリーを超えるアイデアは無いと感じています。

それまでフロッグは太短いデザインが多かったのですが、すり抜けを良くするために細長いデザインになっています。

そしてフックの先には針先をガードする為の膨らみが付いています。

バスだと噛む力が弱いのでスッポ抜けが増えてしまうのですが、ライギョは噛む力が強いので口の中に入ってしまえばスッポ抜けは少ないです。

スッポ抜けないのであれば引っ掛かりにくいので、ライギョにはメリットしか無いデザインですね。

フックの位置はウィードレス性能優先

バスの場合はバイトの時にフロッグを縦に潰す時もあれば横に潰す事もあるので、フックの位置はボディの45°の位置にあるのが一番良いと思います。

ですがライギョの場合はちょっと違うんですよね。

ライギョをフロッグで釣った事がある人は分かると思いますが、ライギョは高確率でフロッグの後ろについた後にしっかりと見極めて食ってきます。

感覚ですが後ろについた後に後ろから食ってくるのでフロッグを縦に潰すことが多いと感じています。

フロッグを縦に潰すのであればフックの位置はS.O.Dのように上部に付いているのがベストです。

ライギョを狙う場合にはフックが上部に付いている事でフッキングも良くなるし、ウィードレス性能もあがると私は考えています。

シンキングチューンは水路で最強チューニング

私の地元は小規模な水路が多いのですが反則に近いと思うくらい釣れるチューニングがあります。

それはフロッグにウエイトを足してスローシンキングにするチューニングです。

ゲーリーのワームの沈下速度の半分くらいのスピードのスローシンキングにして物凄くゆっくりとボトムをずる引きするだけでロッドが持っていかれるくらいの激しいアタリで食ってきます。

どれくらい遅く巻くかというとノーマルギアのリールでハンドル1回転を5秒くらいかけて巻きます。

かなりゆっくり巻くので、ここ!というポイントに絞って攻めるのですが効果は凄いです。

最近は釣れすぎるので使っていませんが、数を釣る事が楽しかった学生の頃はかなり釣りました。

シンキングフロッグはだれも使っていないので試してみると釣れ方に驚くと思います。

首振りは苦手

F.O.Dは腹が丸くなっているので首振りが得意ですが、S.O.Dは腹がフラットになっているので首振りは苦手です。

その代わりカバーの上を通過する時の安定感はかなり優秀です。

また先程紹介したシンキングフロッグにして使うと腹に水を受けてシンキングペンシルみたいに動きます。

シンキングフロッグにするには最適なフロッグだと思います。

まとめ

ウィップラッシュファクトリーはF.O.DやS.O.Dで大人気になってその後も色々なフロッグが出てきていますが私は未だにF.O.DとS.O.Dが大好きです。

可愛らしかったり凝ったデザインになってきているので違った魅力がありますが、機能がデザインになっている初期の頃の物が好きなんですよね。

どちらにも魅力はあるのでF.O.DとS.O.Dは常に買えるようになると本当に嬉しいんだけどなぁと思っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
Taniyama(タニヤマ)
¥1,320 (2020/12/03 19:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です