デカダッジ(レイドジャパン)インプレ。大きくなっただけじゃない音も動きも派手になってます

ダッジを初めて手に入れて使い易さが気に入りました。

ダッジが良いならデカダッジも良さそう。

そう思ってデカダッジを購入しましたので見ていきたいと思います。

デザイン

全体的な雰囲気はダッジと似ていますが、ダッジの偏平ボディに対してデカダッジは幅広のボディとなっています。

顔付きはダッジと似ていますね。

顔のデザインはレイドジャパンのルアーの顔付きという雰囲気がありますね。

ブランドイメージが出来ていると思います。

サイズ・ウエイト

全長は約130ミリ、ウエイトは約2オンスです。

フックは前後共に1番が付いています。

2オンスというサイズはMHクラスのロッドでも投げられない事はありませんが、やはり投げにくいです。

しっかりと振り抜ける1オンスクラスのダッジと比べて飛距離も若干落ちる印象です。

泳ぎ出しは改善されている

ダッジで唯一改善した方が良いと感じたのが泳ぎ出しが悪いことがある事。

レイドジャパンとしてもしっかりと認識していたのでしょうね。デカダッジはフロント側のビスが少し出るようになっていてウイングが閉まりきらないようになっています。

この出ているビスによってウイングが写真くらいまでしか閉まらないので巻き始めにしっかりとウイングが開くという具合です。

私がクレイジークロウラーでやっているのと同じチューニングですね。

ただ泳ぎ出しは良くなったのですがウイングが開き過ぎてボックスでかさばるようになってしまいました。

ビスのスペーサーを交換して写真のクレイジークローラーと同じくらいの開き具合に調整すると泳ぎ出しも、ボックスの収まりも良くなりますよ。

カラー

出典:レイドジャパン

カラーは5色のラインナップです。

ダッジも同じですがカラーラインナップが少ないですね。

トップウォータープラグはカラーによる違いは少ないとは思いますがもう少しラインナップが欲しい所ですね。

アクション

動きはダッジ同様にゆっくりと巻いてもパタパタと動くクローラーベイトらしいアクションです。

ダッジと違う点は動いている時の音がしっかりと出る事。

ダッジよりもカシャカシャと金属音が良く出ています。

またサイズアップしただけでなく動き自体も大きくなっているのでダッジと比べて確実にアピールが強いルアーになっています。

見た目は似ていますが使い分けが出来るようにしっかりと性格が区別されていますね。

まとめ

デカダッジただ単純に大きくしただけでなくしっかりとダッジと違いが持たされていました。

2オンスというサイズは決して使いやすいサイズでは無いのでメインで使うのはダッジになると思いますが、ボックスに用意はしておきたいと感じるルアーですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
レイドジャパン
¥5,720 (2020/09/25 17:47:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です