ゲイリーウィッチ(ズイール)インプレ。首振りもポップ音も出来る器用なルアー

ズイールのルアーは今でも好きです。

塗装が弱いという弱点はありますが何年経っても良いルアーは良いです。

ズイール御三家の一つであるゲイリーウィッチはポッパーでもなく、ペンシルでもないジャンルで括るのが難しいルアーです。

どのジャンルでもない、いろいろな動きを器用にこなすゲイリーウィッチを見ていきます。

デザイン

ポッパーのようなボディですがカップは窪んでおらず、スパッと斜めにカットされています。

このカップのデザインによりポッパーほど水を受けずに動く事が出来ます。

またアイの位置がカップの上部にあるのも当時は珍しかったですね。

後から出たポップXもカップの上部にアイがありますが首を振らせる為には適した位置なのだと思います。

サイズ

ゲイリーウィッチは3/8オンス、1/2オンス、5/8オンスがあります。

私が良く使うのは3/8オンス。

野池でフローターに浮かびながら使うのが好きなんですよね。

ライトクラスのロッドで気持ち良く使う事が出来ます。

フックはズイール得意のダブルフック。

カップが通常のポッパーと違ってゴミなどに引っ掛かりにくいのでダブルフックのメリットがより際立ちます。

水面に草などが浮いていてもスルっと抜けるのは使っていて快適です。

グラスアイが素敵

ウッドルアーの魅力の一つであるグラスアイ。

オールドルアーのようにリアルなグラスアイも良いですが、ズイールのデザインに合うのはこの虹色のグラスアイですよね。

見る角度によって色が変わるこのグラスアイはズイールプラグの魅力をいっそう引き立ててると思います。

アクション

ゲイリーウィッチは首振り、ポップ音、ただ巻きでの首振りといろいろと出来るルアーです。

その代わり首振りはペンシルほど首振り幅は広くないですし、ポップ音もポッパーほどしっかりとはでません。

ただ巻きの首振りもノイジーほど大きくは動きませんね。

じゃあそんなに良くないんじゃない?と思うかもしれませんがそれは違うと思います。

一つのルアーでいろいろな動きが出来るという事は1度しかないチャンスの間に色々な動きが出来るという事。

首振りには付いてくるけど食わない。ルアーを交換して投げ直したらもう居なくなってた。という状況の時に首振りに付いてくるけど食わないからポップ音を出してみよう。

これが出来るメリットは大きいです。

まとめ

ズイールのプラグは硬めのロッドでは動かすのが難しいルアーもあります。

その点ゲイリーウィッチはどんなロッドでも動かしやすいので使いやすいです。

野池でフローターに浮かんでオーバーハングの下に投げたゲイリーウィッチを動かしているシーンを想像するだけでワクワクしてきます。

早く気持ち良く釣りに行けるようになりたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です