そろそろトップウォーターの季節。今年オススメのトップウォータープラグ5選。

今年も一気に暑くなってきましたね。

暑くなってくると投げたくなるのがトップウォータープラグ。

私が琵琶湖のような広大なエリアで投げるなら今年はまずコレだなと思うトップウォータープラグを5つご紹介します。

サミー100

飛距離も出て広範囲から魚を探すのに適したペンシルベイトは琵琶湖では欠かせないルアーです。

そんなペンシルベイトの中でも琵琶湖ではサミー100が良いと考えています。

個人的にはペンシルベイトで好きなタイプはザラスプークのような水を強く押すタイプなのですが去年は反応しなかったんですよね。

その一方でサミーのような水を切る動きのペンシルベイトには反応をしているとの話を聞いて、動きの違いで反応の違いが出ると改めて感じました。

あんまりのんびりと首振りさせるよりは早めのテンポで首振りさせた方が良さそうです。

サミーはスイッスイッと誰でも簡単に水を切る首振りをさせる事が出来るのでオススメです。

ウェイクマジック

私の琵琶湖での実績ナンバー1のプラグはここ何年もウェイクマジックです。

去年メガバスからプロップダーターi-WAKEが出てついにウェイクマジックを超えるルアーが出てきたかと期待しましたが、結果としてはウェイクマジックの方が良い釣果だったんですよね。

ほとんど同じ動きで飛距離はプロップダーターi-WAKEの方が飛ぶのに、何故か良く出るのはウエイトマジックでした。

使い方はルアーが動くなるべく遅いスピードで巻くだけでOKです。

出て乗らなくても止めずに巻き続けた方が良いと思いますよ。

割と大きめのルアーですが20センチくらいのバスも良く出ますし、3フックなのでフッキングも良好です。

残念なのはフックが良く折れる事。

大物をフックが折れて逃してしまう前にフックは交換しておく事をオススメします。

プロップペッパー

トップでのi字系ルアーとも言えるダブルスイッシャー。

ペンシルベイトやポッパーの影に隠れてしまっている感はありますが、ただ巻きで良く釣れるルアーです。

ダブルスイッシャーの中で誰でも使いやすい良いルアーだと思っているのがティムコのプロップペッパーです。

廃盤になってしまっていたのでしばらく中古でしか購入出来ませんでしたが今年の6月に復刻するという事で喜んでいる人も多いのでは?と思っています。

プロップペッパーで素晴らしいのがペラの出来です。

分厚めで大きめのペラはただ巻きでもとても良く回り、軸の穴が四角形になっている事でチリチリと音を出します。

i字系のナチュラルな動きの中にアピールする音が混じって良く釣れるダブルスイッシャーです。

ゆっくりただ巻きで使ってみて下さい。

バズジェット

琵琶湖で釣りをする人のボックスには一つは入っているんじゃないかと思うくらい人気のバズジェットはやはりオススメです。

ウェイクマジックと同じウェイクベイトですが、飛距離とアピールの強さは2回りくらい上ですね。

アピールのバズジェット、ナチュラルなウェイクマジックと使い分ける事でその日反応が良い方はどちらかな?といった使い方をしています。

バズジェットについてもただ巻きが最強だと思います。

潜りたいけど潜れないくらいの速さでただ巻きしてください。

ドッグX jrコアユ

ここまで割と大きめのルアーをご紹介してきましたが最後のルアーは一気に小型のルアーのドッグX jrコアユになります。

コアユを使いたい場面は確実に魚はココにいるんだけど反応しないという場面。

ボイルが起こっていて他のトップウォーターを投げても反応しない時に最後の切り札として投げてみて下さい。

ボイルで追っているベイトがコアユくらいの小型サイズの時はコアユでしか反応しない時がやはりあります。

ルアーは小さいですが食ってくる魚は大きい魚が食ってきますので楽しいですよ。

まとめ

今回ご紹介した5つのトップウォータープラグはわたしが今年も活躍しそうだと考えているルアーです。

本当はもっとたくさん選びたいのですが5つだけ持っていくならと考えて選びました。

皆さんもお気に入りのプラグがあると思いますが今回ご紹介したルアーで良い釣りをしてもらえたら私も嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です