カスタムフロッグ(ズイール)インプレ。フッキング抜群のフロッグ

今売られているフロッグは動きが良いフロッグが多いですが、フロッグで1番大切なのはフッキング性能だと思っています。

フロッグに一番必要な性能は何?フッキング性能だと私は思います。

ズイールのカスタムフロッグは首振りなどは苦手ですがフッキング性能が抜群のフロッグです。

デザイン

もともとはスカートが付いているのですがあまり動くフロッグでは無いのでブレード付きに改造してあります。

頭が大きくてボディが少し細く絞られたデザインで柏木さんが良く言っていた水押しを強く出せるデザインです。

首振りをさせようなんて最初から考えていないデザインなのかもしれませんね。

カスタムフロッグの元ネタはスカムフロッグだと思いますがスカムフロッグのフッキングの良さはそのままに良い所を伸ばしたデザインになっています。

ひっくり返らない

カスタムフロッグは着水からちゃんと上を向いて浮きます。

アクションを付けてもひっくり返る事はありません。

そんなの当たり前でしょ。となりそうですがスカムフロッグのように平ぺったいボディでひっくり返らないようにするのって難しいんです。

多分ダブルフックの針先の方が重心から離れているからバランス的に重いのでしょうね。

カスタムフロッグは改造しなくてもひっくり返らないバランスの良さがあります。

平ぺったいボディはフッキング最高

平ぺったいボディは潰れやすいのでフッキング性能が抜群です。

潰れやすいだけで無く針先がボディに接している位置も良い位置でボディが縦に潰れても、横に潰れても針先が出る位置にあります。

さらに凄いのはボディが横に潰れやすいようにボディの中央に最初から凹みが少し付けてある事。

これによって横にも潰れやすくなっていてフッキングが最高なのだと推測します。

残念なのはフックが折れやすい事。

写真のフロッグも片方のフックが折れてしまっています。

フロッグには曲がるフックの方が適していると個人的には考えているのでそこは残念です。

リリーパッドやゴミに乗せやすいフラットな腹

カスタムフロッグの腹はかなりフラットな形状です。

フラットになっているので首を振ったりするのは苦手ですがリリーパッドやゴミなどに乗せた時の安定性は抜群。

首振りはしないと割り切ってカバーがある所に投げ込むのが効果的です。

その時はストップ&ゴーが1番ですよ。写真のようにブレード付きにすると巻くだけでも魅力的な動きをします。

改造は口元を縛ってフックホールをパンドーで止めるだけ

もともとバランスが良いカスタムフロッグは特別にウエイトを付けたりしなくても大丈夫です。

ボディ内に水が入らないように口元を縛ってフックホールをパンドーで止めるだけでOKです。

むしろ着水音の良さを殺さない為にもノーウエイトのままにするのがベストだと私は思います。

ブレードを付ける時は0.8ミリくらいのステンレスワイヤーでアイをフックに付けてもらうだけです。

created by Rinker
スリーボンド
¥1,500 (2020/10/01 15:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

フロッグはプラグと違ってフックが剥き出しになっていないのでフッキングが難しいです。

どれだけ良く動くフロッグでもフッキングが悪いと結局釣れないのでフロッグのフッキング性能はとても大切と考えています。

カスタムフロッグは首振りなどのアクションは苦手ですが代わりにフッキングは抜群です。

動きが良いフロッグよりもフッキングが良いフロッグの方が1匹に近いと私は思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です