ナギサ(ジャッカル)。超名作セイラミノーをナギサは超えられたのか?

セイラミノーが手に入らないんです。

去年琵琶湖でもi字が流行ってからセイラミノーが中古市場から完全に姿を消しました。

オークションではプレミアが付いていて買う気になれない。でも今持ってるセイラミノーが無くなったら買うしか無い。

そう思っていた所にジャッカルから新しいi字ルアーが発売されます。

同じジャッカルから発売されるのならセイラミノーよりも更に良くなってると期待しますよね。

デザイン

出典:ジャッカル

セイラミノーは口からエラ部分へ水を流す事で動かないようになっていました。

その機構はポップXみたいで気に入っていたのですがナギサは普通になりましたね。

セイラミノーの特徴のひとつだったパラシュートフックも無くなっています。

パラシュートフックは動かないようにする為の素晴らしいアイデアだと思ってたのですがあっさりと無くなってしまいました。

その代わりに付いていたのがリアフック部分のスタビライザー。

出典:ジャッカル

本当メーカーさんはいろいろな事気付きますね。

確かにリアにこういった水流をコントロールするパーツが付いていればまっすぐ泳ぎやすくなると思います。

テールはあえてのワーム素材

出典:ジャッカル

多くのi字ルアーがよりナチュラルにする為にテールにはティンセルやフライ素材を採用する中ナギサはワーム素材です。

個人的にはフライ素材の方がユラユラしてナチュラルに見えるのですが、その動きにすらスレてきてしまっているのかなと感じました。

ワーム素材はほとんど動かず微妙に動くだけなのでナチュラルなのでしょうね。

またワーム素材はエラストラマーのようです。

普通のワーム素材に比べて格段に丈夫なエラストラマーなら耐久性も心配無いと思います。

カラー

出典:ジャッカル

カラーは10色のラインナップです。

もう小魚そのまんまなカラーから視認性の良さそうなカラーまでありますがi字に適したカラーはどれなんでしょうね。

リアルな方が良いのかと思いきや、動画のように視認性が良いもので釣れていたりと悩みます。

まぁ、両方必要って事なのでしょう。

見覚えがある場所で釣りまくってる。

この動画で釣りをしている場所。

琵琶湖の北湖で釣りしている人ならどこだかすぐ分かりますよね。

確かに小バスは良く釣れる場所ですが大きい魚はそう甘くありません。

これを見ると反応良さそうですね。

ここでi字を投げた事があるだけにこの反応の良さは楽しみです。

i字にしては珍しいサスペンド設定

出典:ジャッカル

i字ルアーは釣り人がウエイトを貼る事でフローティングからシンキングまで調整出来るようにフローティング設定、またはウエイトを貼るのが嫌な人のためにシンキング設定されている物がほとんどです。

ナギサは珍しい事に最初からサスペンド設定です。

水温12度でサスペンドするように設定されているようです。

i字は巻き続けるイメージが強いですが紹介動画だと止めて釣ってますね。

固定概念にとらわれずいろいろと試してみるのが良さそうです。

早く発売して欲しい

出典:ジャッカル

セイラミノーを作り出したジャッカルの新作i字ルアーだと言うだけで期待しまくりのルアーです。

i字って釣り人からは同じに見えるのですが投げ比べると差が出たりするから不思議。

ナギサはきっと釣り勝てるルアーに仕上がっていると思います。

早く買って使いたいルアーです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です