C.C.プレデター(エバーグリーン)インプレ。バスはシャッドが好きだと改めて思う

シャッドというルアーがこれほど使われているのは日本ぐらいじゃないでしょうか。

あまり日本以外でシャッドという話しは聞かないように思います。(シャッドラップみたいなシャッドでは無くて日本で言うところのシャッド)

でもシャッドって何故か良く釣れますよね。普通に巻いたらクランクのようにつれるし、ジャークしたらミノーのように釣れる。

クランクとミノーの良い所を合わせた中間点なルアーな気がします。

今回紹介するC.C.プレデターは、そんなシャッドとクランクのまた中間に位置するような何とも微妙な立ち位置のルアーです。

デザイン

ボディのデザインを見ると一般的なシャッドよりは肉付きが良いボディをしています。

フロントフックとリアフックの中間くらいの所にぽっこりとお腹が出ていますが、最初はウエイトか何か入っているんだと思っていました。

出典:エバーグリーン

でも実際は小さいガラスラトルが入っているだけなんですよね。単純にデザイン目的で出ているだけのようです。

リップはボディに対して長めの設定。

メーカーはワーミングシャッドと言っていますがこのリップのおかげでボトムに当てても引っ掛かりにくいです。

サイズ

全長は6センチ、ウエイトは7.5gです。

このサイズのシャッドにしては重めのウエイトを背負う事に成功しています。

ボディの内部を先端から最後方まで移動するメインウエイトのおかげでシャッドとしてはかなり飛距離が出るシャッドです。

この飛距離のおかげでC.C.プレデターの魅力はかなり増していますね。飛ぶシャッドってなかなか無いですから。

使い方はただ巻き

シャッドはただ巻きでも使えて、ジャークでもダートする物が多いです。

ですがC.C.プレデターはジャークはしないでただ巻きするのが使いやすいと思います。

中層を早巻きで誘ってみたり、ボトムに当ててはポーズのワーミングシャッドで使ってみたりといった使い方の方がしっくりきます。

言葉で表すならシャッドというよりもクランクシャッドですかね。

アクションはタイトピッチ

使い方はクランク寄りなC.C.プレデターですがアクションは完全にシャッドの動きです。

バイブレーション並のハイピッチなアクションは見ただけで釣れそうと感じると思います。

ゆっくり巻いてもちゃんと動くのでボトムを本当にゆっくりとナメながら巻いてくる釣りも得意ですね。

廃盤になってしまいそうな気配がする…

出典:エバーグリーン

発売された当時は大人気だったC.C.プレデターですが現在のカラーラインナップはたったの3色だけになっています。

ルアーは発売されてから次第に使われなくなってしまうルアーがほとんどなのでしょうね。

未だに使っている人は20年以上バス釣りをしている私のような人だけなのかもしれません。

しかも昔大人気だったルアーの宿命とも言える中古で安くほぼ新品の状態の物が手に入りやすい状態になっています。

これらの事を考えると廃盤になってしまいそうで心配です。

まとめ

前に大人気だったルアーはほぼ間違いなく今使っても良く釣れるルアーです。

最新のルアーで根掛かりを恐れて攻めきれないよりは、そのようなルアーでしっかりと攻めた方が結果は返ってくると思います。

その分無くす事も増えてしまうでしょうが今は中古で安く買える良い時代です。

バスバブルの時に売れまくったルアーが今は中古でたくさんありますが、こんなにたくさんあるのは今だけだと思いますよ。

良いルアーを中古でたくさん買って釣りを覚えてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
¥1,717 (2020/07/13 02:20:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です