ホンカー(テッケル)インプレ。完成度の高いブレード付きフロッグ。

もともとライギョ釣りをしていた私にとってフロッグにブレードを付けるチューニングは身近な方法でした。

カバーの少ない水路だったのでブレードにウィードが絡む事も無く、一時期は全てのフロッグにブレードを付けていた時もあったくらいブレード付きフロッグは良く釣れましたね。

ところがバスではブレード付きのフロッグがほとんど無いんですよ。私が使っている限りではライギョ同様良く釣れるのに。

ブレード付きのフロッグでバス用として売っているのはテッケルのホンカーくらいかな。

このホンカーは単純にブレードを付けただけで無く、デザインされたブレードで良い感じですよ。

デザイン

ボディ自体はワッカーと同じなのでしょうね。

もしかしたら少し違うかもしれませんがパッと見た感じでは同じです。

違いはラバースカートではなくブレードが付いている事。

このデザインのブレードはメーカーじゃないと出来ないですよね。

スナッグプルーフのフロッグで同じような改造をした事がありますが私は小さいコロラドブレードを2つ付けていました。

さすがメーカー。完成度の違いは悲しくなるほどホンカーの方が高いです。

透けているカラーで気付いた事

今回透けているカラーを選んだのですが、フックのアイ側に何かが付いている事に気が付きました。

フロッグってアイがボディからスッポ抜けてしまう事があるんですが、それを防止する為にカップワッシャーが付いているんです。

ナイスアイデア&気配りですね。

市販のフロッグの中では群を抜いて丁寧なフロッグだと思います。

出来れば小型版が欲しい

基本的に大きめのルアーが好きな私ですが、フロッグだけは小さい方が良いと感じる事が多いです。

それはフッキングのしやすさ。

トレブルフックが付いているプラグとは違って、完全に魚の口の中に入らないとフッキングしないフロッグは大きめのボディだとノリが極端に悪くなります。

テッケルのフロッグはレギュラーサイズのフロッグのみなので、小型版のフロッグも出して欲しいです。

野池などで使うにはレギュラーサイズのフロッグはなかなかフッキングしない事が多いんですよね。

アクション

ブレード付きのフロッグはブレードの重みによって斜め浮きになります。

ましてやホンカーはブレードが2枚ついているので特に立ち気味の浮き姿勢です。

立ち気味のフロッグは着水音が大きくなるというデメリットはありますが、その代わりピンポイントで細かくアクションを付けられるメリットがあります。

ホンカーはブレードとブレードが当たる音も出ますのでピンポイントで焦らして釣る使い方が私は好きです。

岸際やアシ際をネチネチと探る使い方が使いやすいですよ。

まとめ

テッケルのフロッグシリーズの中でも足の形をしたブレードが付いている面白いフロッグのホンカー。

バス用のフロッグでは少ないブレード付きフロッグを試すにはちょうど良いフロッグです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です